廃墟的絶対静寂空間

携帯版はこちら   カテゴリー[廃墟>>]  ▼新しい順 (▲古い順で再表示)

廃墟>>摩耶観光ホテル

[77]マヤカン 其の十四 厨房

20100718 18:15:10


マヤカン 其の十四 厨房-1
 食堂の広間から、西側に入る通路。
 さっきは入らなかったので入ってみると、
 その部屋はそう、厨房だった。
 これもよく撮られている、垂れ下がった換気扇。
 大きな拡声機のように見える。
マヤカン 其の十四 厨房-2
 厨房南の窓側の部屋。
 ここにはなんとなく生活の匂いが残っている。

マヤカン 其の十四 厨房-3
 有名な?冷蔵庫。
 印象としては、オーブンかとも思われる形状だが、大多数の意見から冷蔵庫なのだろう。

マヤカン 其の十四 厨房-4
 厨房窓からの景色。駅への通路をまたぐ階段が見える。

マヤカン 其の十四 厨房-5
 北側から南を見た様子。
 左側に、これも有名?なコーラの冷蔵庫が見えるが、このときは気づかず、この部屋に入ることはなかった。(残念)


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

廃墟>>摩耶観光ホテル

[76]マヤカン 其の十参 屋上

20100718 18:07:24


マヤカン 其の十参 屋上-1
 これで一通り回った気がするが、何か見忘れている気がする。
 本能に従い、再度歩き回る。

 そうベランダだ。 人目を恐れ、四階ベランダ部分には行ってなかった。
 ベランダからの大ホールの姿。
 床には草が生え、これだけ見ると、大ホール部分が平屋建ての建物に見える。

マヤカン 其の十参 屋上-2
 大ホール外側通路を東向きに撮影。

マヤカン 其の十参 屋上-3
 東側に出たところで見える、北壁面の四角い穴。
 この辺は四角がモチーフになっているのか。

マヤカン 其の十参 屋上-4
 そして三階東側通路の外側に降りる。
 黒い扉が印象的。

 東側なので、駅方面からは完全に死角になり、ここで一息。
 しかしまだ忘れている部分があるはず。
 どこだろう、よくわからないが、とりあえず、食堂の部屋にいて見ることにする。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

廃墟>>大栄閣 - 犬鳴温泉

[75]犬鳴温泉 大栄閣(大榮閣) 特別編 其の弐

20100718 17:07:07

 阪六の存在を確認すべく、大栄閣のさらに奥のエリアの探索にあたった隊員であった。


犬鳴温泉 大栄閣(大榮閣) 特別編 其の弐-2
 「あ・・・ありました。何か建物が存在します! いえ、平屋建てです。」

犬鳴温泉 大栄閣(大榮閣) 特別編 其の弐-3
 「北の窓が崩壊しているのを発見。潜入を試みます。
 な・・なんだ! 足元が安定しません。敵の罠です。」

犬鳴温泉 大栄閣(大榮閣) 特別編 其の弐-4
 「こ・・・この部屋は・・・!」
 「間違いなくパンフレットに載ってた中広間です。」

犬鳴温泉 大栄閣(大榮閣) 特別編 其の弐-5
 「大栄閣・・・・」
 「どうも、この施設も大栄閣の一部であったことは間違いないようです。」
 「向かい側の建物と隣接し、偵察続行は困難です。 サックスの音が聞こえます」

犬鳴温泉 大栄閣(大榮閣) 特別編 其の弐-6
 「北側に隠れます。 左が中広間、右が、大家の家と呼ばれる部分と思われます。」


犬鳴温泉 大栄閣(大榮閣) 特別編 其の弐-7
 「大家の家北側です。この屋根の向こう側すぐに、サックスを吹く敵の姿が・・・」
「とりあえず、調査できる範囲では調べたので、これから帰還いたします。だめです、敵に見つかりました。帰還不能、こちら帰還不能です、隊長! たいちょ・・・ブツ ・・ チー・・・・・」

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
ルイヴィトン 財布カンコク コピー スーパーコピーブランドN級品専門店
史上最も激安ブランドスーパーコピー-即日 配送可,100%入荷。
当店は正規品と同等品質は品質3年保証でご注文から5 日でお届け致します。
て新品、高い品質、激安 、送料は無料です( 日本全国)すべての商品は品質2年無料保証です。
2018/09/19 16:24:51
エルメスコピー ブランド バッグ 財布 コピー 専門店

弊社は平成20年創業致しました、ブランドバッグ.財布コピーの取り扱いの専門会社です。
世界有名なブランドバッグ.財布を日本のお客様に届ける為に5年前にこのネット通販サイトを始めました。
全てのブランドバッグ.財布は激安の価格で提供します、
外見と本物と区別できないほ%8
2018/01/14 07:11:37
Θ記号士Θ ああ!関西廃墟探訪様でしたか。
こちらでも訪れいる、一龍、倉谷、ホトトギス、旧池田トンネルなど泉州系の廃墟のほとんどは、関西廃墟探訪で知ったものです。倉谷温泉でも、「長男の部屋」は流用させていただいております^^
一時、警察の目がきびしかったのですね。このレポートで結局3度行きましたが、最近は日中でもノーマークのようです。
写真には撮っていない、客室の特に窓のない山側は気持ち悪くて一部屋チラッと見ただけで、通り過ぎたのですが、死体遺棄はその辺だったかもしれませんね。
ただ、これら泉州近辺の廃墟の中では、残留品が多く、大栄閣は面白いところだと思います。
2010/08/24 23:25:59
kinshisho どうもまたお邪魔致します。
 まず、こちらに2003年頃の大栄閣の写真がございます。深夜の探索ですが一定の参考にはなるかと思います。
 →http://www.eonet.ne.jp/~hiro1911/page120.html
 でもって、探索した当時は管理人が常駐しており、このため鉄門扉をよじ登って橋から正面突破(侵入者の多くがここから入っている)するのではなく地図を調べた上で裏山から侵入しました。それでも警察の気配には気を遣ったものです。更に番犬を放しているという噂もあったためSWATに武装し、番犬対策には唐辛子スプレーを用意。幸い番犬はデマでしたが。
 しかし、埃やカビの危険のほうが問題で、ガスマスクは持ってきて正解でした。でもって、深夜の探索のため、しかも崩壊箇所が把握しずらいため内部はまるで迷路のように感じました。内部は見た目以上に広かったのを思い出します。
 大栄閣がツブれた原因は殺人事件があったからと言われてますが、後に土産屋のオバちゃんに話を聞くと、どうも共同経営者による杜撰な経営が原因で経営破綻したとのこと。案外真相はそんなものかもしれません。
 不法侵入が後を絶たないらしく、あそこは立ち入り禁止やで、と釘を刺されました。とか言いながら既にその前日に探検してるんだけど(苦笑)。
 廃業後、死体遺棄事件が二度あったらしく、それが原因で鉄門扉で閉ざされ立入禁止の看板が立てられ、そこを見ていると常駐している管理人がこちらを見ていました。
 更にいつ頃かわかりませんが、それから数年後(少なくとも2003年以降)にバリケードで橋からのアクセスは完全封鎖されました。
 当時は警察の警戒も厳しく、見つかれば即刻逮捕の状況下、今にして思えば随分危険なことをしていたものだと改めて思い知らされる次第です。
2010/08/24 22:18:54
Θ記号士Θ  それほど崩壊していない状態を見てみたかったです。
 やはり木造は雨漏りが大敵のようですね。
 ここは過去、上記大家の家に人が住んでいたという記事もありますが、現在は誰もいないようなので、昼でも大丈夫だと思います。
ただ昼でも、階段周りや、二階三階はは、窓がほとんどなく、ほぼ真っ暗に近い状態でした。
特に一階フロア部分の床は危険ですね。
2010/08/23 22:51:12
kinshisho はじめまして、大栄閣で検索したら貴サイトがヒットしましたのでのぞかせていただきました。
 実は私は10年程前に仲間6人と探索したことがあるのですが、その頃はまだエントランスの彫刻絵画とかが残っておりました。
 それから10年……いやはや想像以上に腐食が進んでいたのでショックでした。
 当時はまだ温泉に向かう階段も何とか利用できました。最早探検は死の危険が濃厚ですね。当時ですら深夜の探索だたこともあり危険すぎるほどでしたが今は深夜の探検は不可能ですねこれは。
2010/08/23 22:24:08

廃墟>>友ヶ島 - 和歌山市

[74]友ヶ島 その一 いざ友ヶ島へ

20100718 15:43:40


友ヶ島 その一 いざ友ヶ島へ-1
 友ヶ島、および、対岸の加太、深山あたりには、要塞地域で、今でも沢山の砲台跡などが残っていて、友ヶ島も一度訪れたのではあるが、船の関係でゆっくりとは見られず、一度じっくりと、写真もしっかりと撮るために訪れてみたいと思っていたところであった。

 そういう思いの中、先日、SMAPの特番か何かで、中居正広君が「地図から消された要塞の島で鬼ごっこ」という企画が放送されているのを見て、再訪を思い立った。 番組では明らかにされなかったがそのロケ現場となった要塞の島は、明らかに友ヶ島であったのだ。

友ヶ島 その一 いざ友ヶ島へ-2
 まずは地図の確認。左下(南東)の第一、第二砲台、から右上の虎島の砲台跡まで、施設は島全体にわたる。GoogleMapの拡大状態を何枚もつなぎ合わせ(拡大しないと山道は表示されないので)、島の道を確認したが、実際は現在存在しない(使用されないため草木に覆われて実質上使用できない)道や、地図に記載されていない道があるので注意が必要である。
 実際は船に乗るときにもらえるパンフレットの地図が、多少雑ではあるが一番確実か。

 行くにあたって、船の時間の確認が必要である。要塞の施設は島の全体にわたっており、すべてを回るにはそこそこの時間と体力が必要となる。船は2010年7月現在で、行きが9:00 11:00 13:00とあり、帰りの最終は、16:30。

 できれば9:00に乗りたかったが、前日になって休みくらいゆっくり寝たいというのもあり、11:00発を目標に10:00に出た。
 朝食もとらず、行きのコンビニででもと思っていたが思いのほか時間がかかり、どこかに寄らなくても、出発時間に間に合うか合わないかの時間となり、バイクを飛ばす。

 結局、何とか出発2,3分前に付くことができ、タバコもないのに気づきタバコを買いに走り、桟橋の売店で、とりあえずの食べ物を買い込んで船に乗ることになる。

 


友ヶ島 その一 いざ友ヶ島へ-3
 友ヶ島と呼ばれるものの全景。
 二つの島が、海岸からは同じような形で並んでいるのでそのように呼ばれることはこの写真でもわかる。本体部分と、その右にちょこんと頭のような部分がある島が二つ並んでいる。

 島は二つに分かれているので、友ヶ島という島があるわけでなくて、左が「沖ノ島」その頭部分が「虎島」、右が「地島」と呼ばれている。いうなれば「友ヶ島列島」というならそう呼べるかもしれないが、そんな大げさなものでもない・・・


友ヶ島 その一 いざ友ヶ島へ-4
 船は、沖ノ島の北側の桟橋に着くべく、虎島と、地島の間を抜けていく。

 写真は虎島。写真中央に何かコンクリートの構造物が見えることに注目。
 これが、虎島砲台跡か?

友ヶ島 その一 いざ友ヶ島へ-5
 虎島の調度、地層を真横から見られる地点の写真。
 友ヶ島は、この断層がきれいに見える。

友ヶ島 その一 いざ友ヶ島へ-6
 北側から、沖ノ島と、虎島の接続部分。
 虎島にも施設があった関係上、石で通路らしきものが作られているが、現在写真のように崩壊している。
 満潮時は渡れなくなるらしいので、虎島に渡るには潮の満ち引きを確認しておく必要がある。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

廃墟>>一龍旅館 - 水間

[73]一龍旅館 潜入編 其の八 探索完了

20100717 11:42:56


一龍旅館 潜入編 其の八 探索完了-1
 もう一つ、中央部にある機械室。
 こちらはブロック造りで、後から追加で建造された様子である。

一龍旅館 潜入編 其の八 探索完了-2
 機械室越しの客室。
 機械室から、送空用ダクトがつながっているので、クーラー室だったかもしれない。

一龍旅館 潜入編 其の八 探索完了-3
 階段部分の外観。
一龍旅館 潜入編 其の八 探索完了-4
 客室の全容。
 これで探索は一旦終了とし撤収。
 後日、会社でなにか腹の辺りがチクチクする。シャツをめくってみてみたら、何か小さな緑色の天道虫大の虫がくっついていた。
 おもわず払おうとしたら、腹には口の部分がしっかりくわえ込まれており、強引に引き剥がさなければならなかった。
 傷口は、かまれていた痛みだけで、毒はないようで、それ以外特に痛くもかゆくもなく、事なきを得た。
 無視は反射的に払いのけたが、今から思うとどういう種類の虫だったのか気になる。

 おそらく、ここの草むらを藪こぎしたときに寄生されたものと思われる。寄生か?

 またこの場も森の中なので、蚊にさされることは避けられず、家で刺されるものよりも後まで直らないので、これからは虫除けスプレーが必須といえる。

一龍旅館 潜入編 其の八 探索完了-5
 さて、任務を終え(何の任務だ?)、公園まで戻ってきて、ほのぼの気分。
 公園には鴨もいます。


一龍旅館 潜入編 其の八 探索完了-6
 公園にいた野良猫。
 顔半分が、黒と白に分かれているのが珍しくて、撮影したもの。
 何かほしそうだったが、何も持っていません・・・


一龍旅館 潜入編 其の八 探索完了-7
 近くの廃屋(これもプチ廃墟?)の中の猫。
 近くに水とえさ入れがあるので、誰かがえさをやっているらしい。

 一龍旅館は心霊スポットとしても有名だが、旧国道沿いで、アクセスも難しくないため、荒れ状態も激しく、ほぼコンクリート部分しか残っていないような状態で、写真としてはあまり面白くはなかったかもしれない。
 そのためか、廃墟として、しっかり撮影されたものも知名度の割には意外と少ないと思う。

 しかし、今回は個人的には、どのサイトでも見なかった浴室施設も撮影でき、一通り紹介できてよかったと思う。
 心残りが、池の中に建つ建物部分に行ってみたい、ということのみである。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
(^・x・^)にゃんこ (^・x・^)にゃんこ 2013/03/19 09:48:15
Θ記号士Θ Wellcome! It"s weird to visit Abandoned buildings.But I like it"s silence. 2012/10/28 21:36:14
anonymous I live in Osaka.And I"m very interested in ruins(haikyo).But I"m so timid that I can not go alone there.
I am grateful to you for your report.Thank you!
2012/10/28 09:26:43
Θ記号士Θ はい、ダニでしたね。
痛くもかゆくもなくて幸いでした。
2012/01/21 03:39:25
ゆん 私もそれはダニだと思います。
犬などに良くくっついています。
最初は米粒より少し小さいくらいの虫ですので、
テントウムシ大になっていと言う事は、
その分血液が、その虫の腹の中に入っていた
と言う事になります。潰すと、血が出ます。
口の部分が残るので、とても厄介な虫です。
草むらを歩くときは気を付けてください
2012/01/16 15:52:50
Θ記号士Θ 私も猫飼いですが、猫は人に付くより家に付くと
言いますので、人がいなくなっても住み続けてい
たのでしょうね。猫にとっては幸せだったのかも
しれません。
2011/09/21 19:11:33
ピエトロベレッタ 久しぶりに一龍旅館のページを覗いて見たのですが私も猫飼いなので猫は大好きなので一龍旅館内の目の開かない猫にはかなり心に響きました…



猫の写真見てるだけでもかわいくてよかったです…


2011/09/20 00:24:38
ピエトロベレッタ 久しぶりに一龍旅館のページを覗いて見たのですが私も猫飼いなので猫は大好きなので一龍旅館内の目の開かない猫にはかなり心に響きました…



猫の写真見てるだけでもかわいくてよかったです…


2011/09/20 00:24:18
Θ記号士Θ 確かに、画像で検索するとマダニでした。情報ありがとうございます。 2011/08/21 10:38:50
お腹にくっついてた虫はおそらくマダニだとおもいますよ^^;
伝染病などを媒介することもあるようなので、何もなくてよかったですね^^
一龍、前を通ることはあっても中には入る勇気がなかったので、詳しく見れてよかったです。
2011/08/20 16:20:05
Θ記号士Θ 昼間でもかなり不気味さはありました。
確かに心霊スポットといわれるだけあります。
夜は私なら無理ですね^^
2011/04/16 22:19:58
懐かしい!20年ちょっと前に番組制作の下っ端をやってた時に「心霊スポット」ビデオの撮影で行きましたよ!ちょい前まで干されていた松竹芸能のタレントさんのVPだったのですけど…
えらく壊れていますね。。
そういえば撮影時もカメラが動かなくなったり、渡り廊下を歩いている人影があったり(夜なのにライトも持たず)。。懐かしい恐怖体験でした。
2011/04/16 12:34:08

<前 241~245 /309 次>
廃墟的絶対静寂空間 - マヤカン 其の十四 厨房