廃墟的絶対静寂空間

携帯版はこちら   書き込み年月[201411]  ▲古い順 (▼新しい順で再表示)

廃墟>>友ヶ島 - 和歌山市

[411]友ヶ島 第二部 その二

20141110 21:38:36

大きい写真で表示


友ヶ島 第二部 その二-1
二つの島を通している通路。
明治時代の仕事だろう。綺麗に積まれて入るが、100年前の仕事。波風には勝てなかった


友ヶ島 第二部 その二-2
石積みの通路は海の方に通じている。
こちらにも物資搬入用の港というか桟橋があったのだろう。
今は崩れている。


友ヶ島 第二部 その二-3
波によって崩れた階段。


友ヶ島 第二部 その二-4
反対側には、山に登る方にも石積みの階段がある。



友ヶ島 第二部 その二-5
 桟橋のほうを少し離れて見てみる。



友ヶ島 第二部 その二-6
 山に登る道。
虎島の砲台はこの先にあるのだろうか。
しかし今までの整備された道と違って、こちらは山道っぽい。


友ヶ島 第二部 その二-7
 上っていくとなにやらレンガの建物が見えてきた。
 砲台の建造物の一部だろう。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
伊達丸 虎島の方へは道が崩壊しているのを見てみんな引き返していました。
参道っぽい道も草が生い茂ってかろうじて獣道程度に道が残っている状態で、ぱっと見では入り口がわからなかったです。
2017/05/28 21:14:53
click Rb1HSl Thanks for sharing, this is a fantastic blog. Much obliged. 2015/09/29 00:22:42
にぃやん 携帯からの投稿で上手く入力出来ず、脱字が目立ってしまいました。すみませんm(_ _)m 2014/11/14 00:54:03
にぃやん はじめまして。奈良県在住で、○リーム○ン探索に興味を惹かれそこから色々見せて頂いてお友ヶ島は学生の時に撮影に行ったので懐かしくもあり楽しませて頂きました。
自ら廃墟に踏み居る根性は無いビビりですが、この手の写真は好きなのでちょくちょく拝見させて頂きたく存じます。
最後のご持病に関してですが、自分も一時期同じ病で通院していました。記事を拝見するに、ほぼ同時期に僕自身も診断されたとおもわれます。快方に向かわれているとの事ですが、色々と尾を引く病で、結局上手く付き合って行くしかないかなと思います。僕自身は会社に復帰したものの、ふれ幅は小さくなりましたが、暗と明と行ったり来たりです。
まぁ人生楽有れば苦有り、苦有れば楽有りですかね?
話が逸れた上に長々と失礼しました。
次回の記事を楽しみにしていますので、よろしくお願いします。


2014/11/14 00:50:56

1~1 /1
廃墟的絶対静寂空間 - 友ヶ島 第二部 その二