廃墟的絶対静寂空間

携帯版はこちら   書き込み年月[201108]  ▲古い順 (▼新しい順で再表示)

カメラ関係>>レンズ

[323]AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR

20110801 21:46:15


AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR-1
 このサイトで公開しているように、基本的には廃墟撮影なのであまり望遠を使うことはないのだが、一応撮影時は念のため、「AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED(以下70-300)」をかばんに入れていくことにしている。がしかし、これが念のためだけに持っていくにはかさばって重いのだ。
 そこで最近出た「AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR(以下55-300)」が良いなと思っていた。
 軽さのためにわざわざスペックもほぼ同じものを買うのかという話もあるのだが、重さや大きさも結構重要なポイントでもある。
 というわけで、価格も安いことだし買ってみた、秋葉原まで行ってPCボンバーで。

 大きさを比べてみると、小さいようで結構大きいこの差。リュックタイプのカメラバックに縦方向で入るか入らないかの差も出てくる。
 



AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR-2
 早速、70-300と55-300の比較をしてみたい。
まずは望遠側300mmでは、今回は上のような雑誌の表紙を撮影してみた。上の写真が全体の縮小イメージとなる。


AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR-3
上記の中央部、装甲車の左窓あたりのピクセル等倍の比較となる。
撮影データは、画面上に出ているが、
70-300 F5.6
55-300 F5.6
70-300 F8
55-300 F8
での比較となる。
この写真のみの比較では、55-300の方が解像度の点では優れているように見える。

AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR-4
 次に周辺部。こちらは、左上の帽子をかぶった人の噴出しあたりの比較となる。
こちらも、いずれも解像度の点では、55-300のほうが優れているように見える。
ただし、周辺部はフリンジが、目立っているようである。
 Lightroomではレッド/シアンの色収差を+30くらいで調整できた。
 70-300のほうもフルー/イエローを-35にして目立たなくなった
AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR-5
 こちらはワイド側であるが、片方が70mmなので70mmで比較している。
 こちらの方はあまり様見当たらず、良好に見える。
AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR-6
 70mmでの周辺部の比較。
 周辺部になると、55-300の方が解像しているように見える。

AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR-7
 上は比較は出来ないが、55-300で55mm広角端で撮ったものの比較となる。
上二枚が中央部、下二枚が周辺部になるが、周辺部のF4.5で多少ぼやけが見えるが、許せないほどではないと思われる。

 全体的には、55-300は小型軽量でありながら、解像度もなかなかのもので、DXで比べる限りは、70-300を凌駕しているように思われる。
価格.COMで長期にわたって売れ筋ランキングNO1をキープし続けているのもうなづける。
 というわけでFXカメラを持っていない時点で、我が家の70-300は立場をなくしてしまったことになる・・・


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
ルイヴィトン 長財布 スーパーコピー ルイヴィトンコピー品第1店 販売専門店
★真のスーパーコピー品質をお届けするルイヴィトンブランドコピー!
※価値あるブランドスーパーコピー財布、バッグのヴィトンコピー※
■品質重視なブランドコピー商品販売!
★高級品☆┃時計┃バッグ┃財 布┃その他┃
◆★ 誠実★信用★顧客は至上
●在庫情報随時更新!
品質がよい 価格が低い 実物写真 品質を重視
100%品質保証 100%満足保障 信用第一
★人気最新品┃特恵中┃☆腕時計、バッグ、財布、ベルト、靴、帽子、アクセサリー、小物☆
★当店商品送料無料日本全国!
※全物品激安,到着するのは迅速で、安全。
■あなたの訪問のを期待しています!☆ヽ(▽⌒)
会社名称 ルイヴィトンコピーN品第1店
ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております
2018/09/07 17:06:04
SS品 SALEが開催中
◆ブラントコピー人気通販店の大SALEが開催中◆
弊社は長年の豊富な経験と実績を持ち、
ブラントスーパーコピー品の完壁な品質を維持するために、
一流の素材を選択し、
精巧な作り方でまるで本物のようなな製品を造ります。
また、お客様のご注文商品を責任を持ってお届けいたします。
2018/09/07 03:36:34
Θ記号士Θ By DX correspondence 2012/07/19 14:23:07
kxDjyFGXv It's good to see someone thinking it troghuh. 2012/07/19 13:39:11
ΘKIGOUSIΘ Thanks.NIKON 55-300 is a lens good considering a price 2012/07/17 19:10:37
bDiAvnlyJSg My problem was a wall until I read this 2012/07/17 16:48:17

廃墟>>湯原温泉

[324]◆湯原温泉 湯原観光劇場 其の参

20110801 22:21:01

大きい写真で表示


◆湯原温泉 湯原観光劇場 其の参-1
 大劇場の奥側にある通路。
 部屋が連なっている。

◆湯原温泉 湯原観光劇場 其の参-2
 一つを見てみると、ダンサーが住み込んでいたのだろうか。
子供のおもちゃがリアルな生活観を漂わせる。

◆湯原温泉 湯原観光劇場 其の参-3
 こちらには、着替えの服。なぜか緑系が多いし、何となく、老人っぽい感じである。

◆湯原温泉 湯原観光劇場 其の参-4
 台所。共同で使っていたのだろうか。それほど荒らされた様子もない。

◆湯原温泉 湯原観光劇場 其の参-5
 その奥はさらに整然とした食器棚。いかにも誰かが住んでいて今にも出てきそうだ。
 右奥の入り口から更に奥の居間らしい部屋に通じていたのだが、あまりにも生活観が漂っていたので、少し見ただけで引き返してきたのであった。

◆湯原温泉 湯原観光劇場 其の参-6
 その手前にあった部屋は、照明室か。
正面に時計がしっかり備えられている。

◆湯原温泉 湯原観光劇場 其の参-7
 大きな窓からステージが一望できるようになっていた。

◆湯原温泉 湯原観光劇場 其の参-8
 照明室から出る。出口のドアには何となく懐かしいポスらーが・・・

 以上で、湯原観光劇場のレポートは終了となる。
 いつまでもこの劇場が残りますように・・・

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

廃墟>>米軍府中基地

[325]◆米軍府中基地 其の八 兵舎内部

20110806 12:50:42

大きい写真で表示


◆米軍府中基地 其の八 兵舎内部-1
 こちらは比較的荒廃の進んだ部屋。
 天井は落ち、壁は崩れ、ブラインドも朽ちる。

◆米軍府中基地 其の八 兵舎内部-2
 窓から望むパラボラ。
 なるべく近くで狙いたいのだが、夏の木の葉がそれを拒む。


◆米軍府中基地 其の八 兵舎内部-3
 アート大作。ピエロ。
 ゴッホに勝るとも劣らない筆使いである。

◆米軍府中基地 其の八 兵舎内部-4
 こちらにもマーキングが。
 床の朽ちたバッグも気になる。

◆米軍府中基地 其の八 兵舎内部-5
 何らかの回路を意識したような図柄。
 
◆米軍府中基地 其の八 兵舎内部-6
 なぜ世界はすばらしいのか?
 それは君がすばらしいから。

◆米軍府中基地 其の八 兵舎内部-7
 二階の窓から見たパラボラ。
 今回はNEX5だったので、望遠で迫ることが出来なかった。

◆米軍府中基地 其の八 兵舎内部-8
 この辺からでは、このくらいがせいぜい。
 屋上に登れればとも思ったが、屋上に登れそうなところも見つからなかった。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

廃墟>>弁柄工場

[326]◆岡山 弁柄工場 其の壱拾七 最終回

20110806 23:48:50

大きい写真で表示


◆岡山 弁柄工場 其の壱拾七 最終回-1
 さて長々と続けてきた弁柄工場も今回で最後となる。
 これは洗浄施設の、奥の通路。

◆岡山 弁柄工場 其の壱拾七 最終回-2
 バルブ。すべてが真っ赤。

◆岡山 弁柄工場 其の壱拾七 最終回-3
 奥から事務所のほうを向いた様子。

◆岡山 弁柄工場 其の壱拾七 最終回-4
 下の方に降りてみると、水を入れるためか抜くためかの、バルブ配管が並んでいた。

◆岡山 弁柄工場 其の壱拾七 最終回-5
 上手の方には、このような小さな水を引き込んでいる。
この水を使って洗浄していたのだろう。

◆岡山 弁柄工場 其の壱拾七 最終回-6
 事務所と、その前の撹拌機。
 さて一通り見たところで、この場を去るときが来たようだ。


◆岡山 弁柄工場 其の壱拾七 最終回-7
 石を積んだ壁もご覧のとおり真っ赤である。

◆岡山 弁柄工場 其の壱拾七 最終回-8
 最後のショット。
 一番最初に入った建物の外壁。
 陽光を反射し、赤と緑のコントラストが美しい。
 この光景を見つつ、坂道を下った。

 -了-
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

廃墟>>摩耶観光ホテル

[327]◆秋のマヤカン 其の壱拾弐 大広間

20110807 22:24:36

大きい写真で表示


◆秋のマヤカン 其の壱拾弐 大広間-1

とある窓からの紅葉の光景。
◆秋のマヤカン 其の壱拾弐 大広間-2

そして、4階の回廊に出てきた。足元には資材や、バリケードに使われていたような板などが散乱している

◆秋のマヤカン 其の壱拾弐 大広間-3

こちらは有名な大広間。まず天井から撮るのも珍しいが。蛍光灯は、すべて割られている。そして換気工と思われる、丸い金属枠が見えるが、ミリタリーファンは思いつくはず。あの形がドイツ戦車のエンジンの冷却口に似ていることを。

◆秋のマヤカン 其の壱拾弐 大広間-4

舞台反対側のドアに近づく。
ここは、何かの調整室だったのだろう。
◆秋のマヤカン 其の壱拾弐 大広間-5

その窓からの風景。こちらも紅葉した葉が見える。

◆秋のマヤカン 其の壱拾弐 大広間-6

そしてこの部屋から見えている上の部屋。ここからは登れないし、外側から登ろうとすると、駅から丸見えなので、駅の休みの日でもないとこの部屋には上がれそうにない。

◆秋のマヤカン 其の壱拾弐 大広間-7
そしてどこか別の窓から見た風景。恐らくは北側の風景と思われる。





にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

1~5 /13 次>
廃墟的絶対静寂空間 - AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR