廃墟的絶対静寂空間

携帯版はこちら   書き込み年月[201009]  ▲古い順 (▼新しい順で再表示)

廃墟>>和歌浦

[121]和歌浦探索 其の十一 上に上に

20100901 22:49:49


和歌浦探索 其の十一 上に上に-1
 階段を上に上に上がって一階まで上ってきた。
 一階というのは変だが、表通りと同じ高さのフロアまできたことになる。

 奥に見えるバリケードで表通りとはさえぎられている。

 また、表通りといっても、2車線の車道で今となっては自動車もたまに通る程度となっている。
最盛期にはこの通りも渋滞ができるくらい出会ったというが・・・

和歌浦探索 其の十一 上に上に-2
 二階に上がってみる。
 壁が取り去られているため、通りからは丸見え状態となる。
 ここに限らず、2階は窓があちこちはずされているので、死角がほとんどない。
 
 正面にリアカーが一台ポツリと置かれていた。

和歌浦探索 其の十一 上に上に-3
 最上階まで上がってみたが何もなく・・・
 配電盤のような機械を撮ってみる。
和歌浦探索 其の十一 上に上に-4
 使われなくなったエレベーター

和歌浦探索 其の十一 上に上に-5
 荷台、そしてパイプが放置された部屋。
 パイプはもちろん撤去されたものであろうが、元々どこにあったものなのやら・・・
和歌浦探索 其の十一 上に上に-6
 珍しい残留物。椅子が置かれている。

和歌浦探索 其の十一 上に上に-7
 料理を運ぶためのエレベーター
 手前の神棚にあるような酒瓶が気になる。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
Θ記号士Θ  私も和歌山出身です。
 残念ながら和歌浦の繁盛していたときの記憶っ
て余りありません。地元なので泊まらない
し・・・
 妙にボーリンク上のピンの看板が場違いで印象
に残っていて、それが今思えばスシヨシだったん
でしょうね。
2011/04/27 22:44:50
和歌山在住です^^
私も、先日和歌の浦へ行ってきました。
まだまだ和歌山にも良い所が沢山ありますね^^
ブログ更新楽しみにしております☆
2011/04/27 14:10:10

廃墟>>和歌浦

[122]和歌浦探索 其の拾弐 一階フロア

20100903 00:48:38


和歌浦探索 其の拾弐 一階フロア-1
 上から降りてきて再び一階に。
 
和歌浦探索 其の拾弐 一階フロア-2
 フェンスの裏側に回ってみる。
 一部解体されたエリアである。

和歌浦探索 其の拾弐 一階フロア-3
 正面から。
 この二階部分に先ほどのリアカーがある。
 あそこを横切ったと思うと、車道からは目だって仕方がなかったではないだろうか。

和歌浦探索 其の拾弐 一階フロア-4
 建物右側。
 扉もすべて取り払われているので、建物内部は障害はない。
 ただし、逆に外部からの視線が障害となる。

和歌浦探索 其の拾弐 一階フロア-5
 放置された冷蔵庫。

和歌浦探索 其の拾弐 一階フロア-6
 先ほどの向かって右のエリアの一階に入ってみる。
 油圧式の台車がポツリと置かれている。

 このフロアは床がタイル張りで壁があった様子もない。
 ロビーか、広い目の食堂だったのか、みやげ物屋系だったのか。
 何分営業中に来たことがないのでなんともいえない。


和歌浦探索 其の拾弐 一階フロア-7
 壁に書かれた撤去作業中に書かれたと思われるメッセージ。
 5/21が何年のことだったのか。

和歌浦探索 其の拾弐 一階フロア-8
 片隅に置かれた、この旅館の頭脳であったHAL9000,あるいはマギ。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

廃墟>>和歌浦

[123]和歌浦探索 其の参 地下施設

20100904 01:01:00


和歌浦探索 其の参 地下施設-1
 地下に降りて行き、ほぼ海岸側の地面近くまでくると、あったのがやっと廃虚らしい廃虚。
 おそらくは、浴衣、シーツなどを洗濯、物干ししていたところと思われる。




和歌浦探索 其の参 地下施設-2
 ドラム式の選択機だか、乾燥機だか。
 右の電気釜のようなものも、乾燥機か?

和歌浦探索 其の参 地下施設-3
 入口はこんな階段で、プールを思い起こさせる。


和歌浦探索 其の参 地下施設-4
 洗濯場の入口近くにあった火災報知機。

 さて内部はここまで。
 実は、この洗濯場から、海岸に直接降りられる出入り口もあるのだが、その向いには木村屋の客がおり、不審がられても困るので、入った機械室から外に出ることにした。
 出入りは、浜から直接入れる、この洗濯場の出入り口からの方が行い安いことは確かではある。


和歌浦探索 其の参 地下施設-5
 一端上の車道に出て、外からの写真も撮ってみた。

 まずは一番右の建物。
 一階がタイルの広い床になっていたところだ。

和歌浦探索 其の参 地下施設-6
 左側部分。
 さすがに、この壁もない二階部分をうろうろしていたのだから、車が通ったら目立っただろう。

和歌浦探索 其の参 地下施設-7
 三つ目の建物、これは一番旅館風である。

和歌浦探索 其の参 地下施設-8
一番奥の建物。これは普通のビルっぽい。

 以上で和歌浦の探索は終わりとなる。
 廃虚でもないが廃虚予備軍の大型施設はいくつも存在するようだが現在侵入すると、物は盗まないものの、ただのドロボーになってしまう。
 廃虚を期待するのも不謹慎ではあるし、営業停止になったからと言って、早々に味わいある廃虚になるわけではない。なので、10年経って再度訪れた際、このあたりがどうなっているかは、注目しておきたいと思う。

 実は地元である泉佐野で、サイトなどでもいっさい取り上げられていない大型公共施設の廃墟を発見し、撮影済みである。税金の無駄遣いはどこまで続くのか!?

 近日中にそのレポートを行いたいと思っている。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
Θ記号士Θ 宵闇の狩人さん> 結局廃墟巡りはどこに行っても郷愁がつきものですね。栄枯盛衰というか。栄えてた時はすごかったんだろうなと思わせるその落差がいいのかもしれません。
makkiさん>廃墟撤廃条例で放送されてました。そこで始めて正式めいしょうしりました。管理人は撤去するとは言ってたんですがどうなんでしょうね? 他は探してはいますが、未使用っぽい建物は沢山ありますが、荒らされた建物はあまりないようです。
なかなかさん>残念ながらまだ飛立新地に客としていける身分にありません^^和歌浦は市内だったので泊まったりの記憶があまりありません。ロープウェイで展望台に一度登ったかすかな記憶があるくらいですね。
2013/08/11 23:34:56
なかなか 大阪の南部に住んでます。和歌浦・雑賀崎は今でも好きな場所です。昔は子供会などで行き、パラダイスのように思いました。
お盆に家族でシーサイド観潮に一泊します。
和歌浦を調べてたら、ここにたどり着いて
写真や文章力に引き込まれてしまいました。昨日は寝不足です。和歌浦も良いけど、飛田遊郭すごいですね。
とても見たかった写真ありがとうございます。
2013/07/27 13:55:19
makki 和歌山市に住んでいます。この廃墟の気になっていました! 岡徳楼ですね。その昔は超高級旅館だったらしいですが。。。侘しいですね。和歌浦一時に比べたら、廃墟も減りましたがそれでも、まだまだ残っていますね。 2013/03/10 11:11:08
宵闇の狩人 なんか、寂しいですね・・・。 2011/12/25 21:22:30
Θ記号士Θ  ○十年前、私が高校生の頃は、まだ多少は賑わ
っていたように思います。
 駅前商店街のシャッター通りなど見てもそうで
すが、人口が減ったわけではない、人が興味を持
つ対象が変わってきている、ということでしょう
ね。ファッションみたいに、ひとまわりしてまた
ブームになる、というようなことも・・・ないか
なあ^^
2011/12/25 03:17:30
通りすがり 先日、「今から何十年前にお前を連れて行ったんやで」という老親とともに新和歌浦に行きました。周りに物寂しげな建物が多く、「この辺にロープウェイや遊園地もあったはずねんけどなあ」という親の言葉も気になり、帰宅後に検索したところ、貴サイトが。
広範で美しい写真、堪能させていただきました。ありがとうございました。 しかし栄枯必衰というか切ないですね・・
2011/12/24 11:58:22
Θ記号士Θ S高校でした。
やっぱり、回転温泉、当時ははやってたんでしょ
うね。まあ、家が大きな旅館なら、宴会場など場
所も食べ物も有り余っているのでしょうけど^^
2011/12/23 03:40:07
もしかしてS高校?私は関東に住んでるので、実家のあるここには滅多に行けません。気になる場所が数か所あります。
小学時代、ここの子息と同じクラスになると盛大?な誕生会に招待されるとかで期待してましたが、一度もならず叶いませんでした。
2011/12/21 13:37:03
Θ記号士Θ 私も高校は、ここの北側の山を越えたところにあ
ったので、窓から展望台を毎日見てた記憶があり
ます。回転温泉のご子息と同級生だったとは、廃
墟界(?)では、大スクープじゃないですか^^
今年一度家族と停まりに行きましたが、現在は、
営業している旅館を探すほうが大変な感じです
ね。
2011/12/20 01:55:17
30年前までここに住んでました。
地元人はホテルのプールに無料で入れました。
遊覧船、回転風呂、ロープウェイそれはそれは賑やかでしたよ。回転温泉の息子と同級だったが、どうしてるのかな?昔遊んだ場所、廃墟になってるのね。
2011/12/15 14:58:14
Θ記号士Θ 和歌浦は宇宙回転温泉がある間に行っておきた
かったとくやまれます。
でも廃虚予備軍はまだあるのでじっくり待ちま
しょう。
2011/02/12 02:07:49
ME 昨日、和歌浦に行ってきました!
大型廃墟を真正面からとりたかったー!
2011/02/10 18:49:43

廃墟>>貝塚 結核病棟

[124]結核病棟 其の参 治療棟

20100904 13:17:34


-1
 鉄の梯子でさらに上に登ることもできる。


-2
 建物の西奥側に入ってみる。
 二階の目的不明の金網。

-3
 正面にはシャッタの閉まったガレージのような施設が。
 救急車でも置かれていたのだろうか。

-4
 そして西側入り口。
 恐らくはここが主たる出入り口であったものと思われる。

-5
 建物デザイン的には、他の病院に比べると、面白いものとなっている。
-6
 板が貼り付けられた窓。
 恐らく、割られたか、壊されたか、されたのだろう。

-7
 西面からさらに南面に回りこむと、2階に通じる階段がある。

 
-8
 中庭的なエリアはあるのだが、雑草で覆われ見通しが利かない。
 治療棟の東側の建物のようだ。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
ひろむ 何度見ても懐かしいです 自分が入所していた頃は花咲寮・浦島遼・竜宮遼がありこの病棟は木造でこのサイトに移っているのはたぶんつくし寮主に喘息の方がいました 本当に懐かしい 見に行きたいのですが自分は足に障害がありこのサイトを見てあの頃を思い出しています 2013/02/23 05:15:05

廃墟>>貝塚 結核病棟

[125]結核病棟 其の参 治療棟

20100905 01:47:40


結核病棟 其の参 治療棟-1
 二階への階段を上ってみる。

結核病棟 其の参 治療棟-2
 扉は当然閉ざされている。
 扉の塗装の禿げ具合に比べて、新しく見えるSECOMのシール。
 後から張られたものなのかもしれない。

 ドアノブに掛けられた意味ありげな鍵。
 形状からして、この辺のドアに合うとも思えない。

結核病棟 其の参 治療棟-3
 正面に戻り、奥の方に向かう。
 渡り廊下の下をくぐっていくことになる。

結核病棟 其の参 治療棟-4
 病棟の南側。
 
結核病棟 其の参 治療棟-5
 雑草で覆い尽くされた建物。

結核病棟 其の参 治療棟-6
 渡り廊下あたりを南側から撮ったもの。
 渡り廊下は傾斜が付いていることが分かる。

 傾斜があると、移動ベッドや、診察するための台。点滴のつるす台など、台車のついたものが運びにくいと思われるのだが、支障はなかったのだろうか。

結核病棟 其の参 治療棟-7
 そして、病棟の入口らしきところ。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
ひさびさコメントけっこう、うつるんですね ここは知らないけど 窓辺に顔ありますよ けっこう、うつるんですね
ここは知らないけど
窓辺に顔ありますよ
2017/01/15 23:02:28
ドアノブに鎖で付いている鍵は刻時時計の鍵ですね。
特徴的な鎖なのですぐわかります。
もしかしたらSECOMのステッカーもあながちウソではなく一日に1~3回ほど巡回をしてる可能性が高いんでお気をつけて…
下手に物など動かしたりすると巡回頻度が増えたり付近で車内監視がついたりしますのでご注意を…
2014/12/21 11:15:17
じゅりあ 他にもチラホラ出てるけど、1番下の写真に少なくとも9体いますね。
多くは子供さんで、親御さんのお迎えを待ってる感じかな?
2014/07/26 06:18:46
オリーブ はじめまして、この日記見てから廃墟好きになりましゅた。この地域訪れる機会あればぬいぐるみと一緒に撮影したいです 2013/06/17 22:39:59
Θ記号士Θ 詳しいお話ありがとうございました。
できれば木造の頃を見てみたかったです。
2013/06/01 16:21:29
たかし 上記の写真の説明を少し。「渡り廊下」の左手が結核病棟、右手の奥が喘息病棟(つくし寮、金太郎寮?)です。
「病棟の南側」の写真は、つくし寮で、階段がロビーへの入り口。入って右手にナースルームが、各部屋は男女別の6人部屋。
「雑草で覆い尽くされた建物」は、食堂です。自習時間には、勉強場所にもなりました。40名位は十分は入れたと思います。渡り廊下は、私たちがいたころからすると
きれいになっています。(木造だったと思います・・・)病棟の反対側には、木造2階建ての管理棟?があり、夜中にイタズラするとサーチライト?で照らされました。食堂を回りこむと一段下がって結構広い運動場があります。フェンスを乗り越えて、三本松(当時は二本松?)や街中まで肝試し?に出かけました。
2013/05/31 20:12:45
たかし 1970年頃の入所者です。つくし寮、金太郎寮、・・・
渡り廊下の左手の売店と散髪屋(丸刈りのみ)・・・
一度、行って見たいとは思っているですが・・
2013/05/31 19:45:06
ひろむ S45年頃に入所していた者です あの頃は入院期間に期間はなくて長い人は10年超える人もいました この病院は小児科なのに20を超える人もいて ストレスも相当なものです  2013/02/24 12:11:46

1~5 /20 次>
廃墟的絶対静寂空間 - 和歌浦探索 其の十一 上に上に