廃墟的絶対静寂空間

携帯版はこちら   書き込み年月[201008]  ▲古い順 (▼新しい順で再表示)

カメラ関係>>SONY α NEX-5

[94]Sony NEX用 NIKON マウント変換アダプタ NFG-SαE その3

20100801 10:56:45


Sony NEX用 NIKON マウント変換アダプタ NFG-SαE その3-1
 NFG-SαEでるが、本体との接続部分は程よいのだが、レンズとアダプタ部の接続が少し硬い気がする。
 これは別の問題も絡んでいて、レンズをはずすためのボタンがアダプタサイドにあり、これを抑えながら、外すのが持ち方を考えないと困難で、さらには、SONYとNIKONで回転方向が逆だったりするので、「あれ。どっちに回すんだっけな・・・」などと考えながら回すので余計に取り外しにくいという印象を持ってしまいがちなのだ。

 これがアダプタがボディーに接続されている状態ならまだしも、ボディーが無い状態だと、アダプタ自体にも絞りリングが回るので、いったいどこを持ってはずせばいいんだ、という状態に陥る。

 これらから、硬いのが問題だと思いがちなのだが、実は、NIKON D90にしても接続はそこそこ硬い。ただ、ボディーが大きいのとそれなりの質量があるので、あまり感じないだけなのだ。

 でも、どうしてもやわらかくするなら方法はある。上記がアダプタの、レンズとの接続のパネルなのだが、内側に膨らんでいる部分がある。この金属部の弾力が、あの硬さを出しているので、これを少し元してやればいいのだ。

 非常に微妙な調整なので、戻しすぎてスコスコにならないように・・・
 ま戻しすぎれば、また精密ドライバーのマイナスなどで、膨らませればいいのだが。

 試行錯誤して、調度よい状態を作り出してください。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

カメラ関係>>レンズ

[95]SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (Model A16) レンズフード取り付け部のがたつき

20100801 11:18:25


SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (Model A16) レンズフード取り付け部のがたつき-1
 17~50の標準レンズとして
TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (Model A16)
を使用している。
 昨今手振れ補正つきのMODEL B005や、
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
なども出てきて、評判もよさそうなのだで、いいなあと思っているところなのだが。

どうも前から気になっていたのは、レンズフードを取り付けるレンズ先端のワッカ部分ががたついているのだ。最初からそうだったのかどうか思い出せないのだが、たぶん、使用するにつれてなってきてるような気がうする。検索してみても、症状の出ている人も多く、修理して1万2千円しただ6千円だっただということが書かれている。

 これくらい何とか自分で修理できないものかと、いじっていたら、修理できることがわかった。

 写真のように、全面の黒いプラスチックのワッカ、これは裏で3つの突起の差込ではめられているだけなので、外すことができる。

 単純に引っ張っても外れにくいので、ピンセットや、小型マイナスドライバーなので徐々に外していこう。

 そうすると、銀色の小さなプラスねじが3つ見えるのだが、これが緩んでいるのだ。これを締める。
 蓋を戻す。

 それだけです。
 レンズに傷などつけないように、うまいことやってな。

 でもこれで6千円なり1万2千円もらえるなら、それを本職にしたいな・・・^^

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

カメラ関係>>レンズ

[96]70-300対決+ケンコー2倍テレコン

20100801 12:20:56


70-300対決+ケンコー2倍テレコン-1
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
300mm 2 F5.6 ISO200

70-300対決+ケンコー2倍テレコン-2
NIKON AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
300mm 1/2 F5.6 ISO200

先に、とりあえず撮れればよいということで、SIGMAのものを持っていたのだが、やはり最低手振れ補正もほしい、ということでNIKONを購入。
一応比較してみた。
全体的なコントラストとしては、NIKONのほうが断然優秀だ。
70-300対決+ケンコー2倍テレコン-3
上から
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
NIKON AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO  + ケンコー TELEPLUS PRO 300
NIKON AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED + ケンコー TELEPLUS PRO 300

いずれもピクセル等倍で切り抜いたもの。
同じ被写体でも、シャッター速度が、SIGMA0.7秒 NIKON0.5秒
テレコンありでも、SIGMA8秒 NIKON 2秒と、なぜかSIGMAの方が露出時間が長くなっている。

いずれもブルー、イエローの色収差が見られる。
70-300対決+ケンコー2倍テレコン-4
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO  + ケンコー TELEPLUS PRO 300
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO (ピクセル2倍表示) 
NIKON AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED + ケンコー TELEPLUS PRO 300NIKON AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED(ピクセル2倍表示) 

これはレテコンの比較のためのもので、テレコンをつけたものとつけないもののピクセル2倍したものとの比較。
かろうじてジャギーがない分、テレコンありの方がいい気がうするが、コントラストは落ちている。
70-300対決+ケンコー2倍テレコン-5
 NIKONで撮ったもの(テレコンなし)を、補正したもの。

 一番上が補正なし。
 二番目が色収差を補正したもの(できているのか?)
 三番面がシャープを上記にシャープをかけたもの。

 ソフトの補正でもかなりレンズの欠点は修正できることがわかる。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

廃墟>>和歌浦

[97]和歌浦探索 其の壱

20100801 13:47:24


和歌浦探索 其の壱-1
 和歌浦は、宇宙回転温泉、スシヨシなど有名な廃墟のあったところだが、それらも取り壊された2010年現在どうなっているのか、下見をかねて一回りしてみることとした。


和歌浦探索 其の壱-2
 直接和歌浦には関係ないが、近くの南海線の和歌山港から水軒の間の廃線後も見てみることに。

和歌浦探索 其の壱-3
 花王の工場裏を走っていた。

和歌浦探索 其の壱-4
 専門的にはわからないが線路の標識の錆びれ具体がよい。



和歌浦探索 其の壱-5
 まずは和歌浦よりも西の雑賀崎(さいかざき と言います。)の方から、雑賀崎灯台を目指す。
 途中にあった店。完全に閉鎖状態。
和歌浦探索 其の壱-6
 少し行くと見える双子島荘というところ。これはしっかり経営中である。

和歌浦探索 其の壱-7
 岬が芝生になっていて、バーベーキューなどにうってつけ。
 双子島の命名は向かいの二つの島からか?

和歌浦探索 其の壱-8
 その手前にある「七洋園」
 経営はしていないようだが、私が行ったときは自動車が止まり、中に関係者が歩いていたので、片付け中なのか、メンテナンスなのか、とりあえず復活を期待した。
 ちなみに右奥は、「太公望」でこちらは経営中だと思われる。

 *その後ネットで調べたところ七洋園は経営中のようであることが分かった。見た目が古びているのと、建物内が経営中にしては設備などが閑散としていること、入口の水槽が空になっていることなどで休業中かと思ったのだが・・・
 それでも経営中というのはそれ相応の経営中であるのだろう。ネットでも食事つきのプランはないので素泊まりのみだと思われる。
 考えようによっては、限りなく廃墟に近い建物散策と、宿泊ができて、一粒で二度おいしいとも言えるかもしれない。一応Yahooビジネストラベルなどの口コミを読まれてから、覚悟して予約していただきたい。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

廃墟>>和歌浦

[98]和歌浦探索 其の弐

20100803 11:04:59


和歌浦探索 其の弐-1
 雑賀崎灯台に到着。
 この左手に、駐車場として結構広い場所があるのだが、かつてここには、大きな展望台があった。
 ガラス張りの円筒の建物で、二階建てか三階建てで、確か床がゆっくりと回転していたと思う。
 回転の中央部が売店になっていた。

 訪れたのが幼少の頃なので、ここだったかどうかも定かではないが、この回転する床が気に入っていたのだが。
 おそらくこの辺の旅館街も花盛りだった頃だろう。

和歌浦探索 其の弐-2
 海の方を見ると帆船が。
 拡大してみて、日本丸だと確認できる。


和歌浦探索 其の弐-3
 灯台の展望台から眺めて、目立つのがこの旅館。
 すべて窓は閉められていて、休業中のように見える。

和歌浦探索 其の弐-4
 北側に見える七洋園
和歌浦探索 其の弐-5
 灯台から戻る際見つけた建物。
 保養所のようですが、玄関ガラスは割れ、原付置き場に・・・
 
和歌浦探索 其の弐-6
 窓も閉め切られ、建物全体がツタの葉で覆われている。

 ちなみに玄関に合った看板の会社自体は現在も存在する模様。

和歌浦探索 其の弐-7
 山の上側からもいけるのですが、いったん和歌山側まで戻り、雑賀崎隧道(トンネル)を通り雑賀崎の漁港の方に入る。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
Θ記号士Θ 調べてみると、回転展望台はここではなく、ここからもよく見えた隣の章魚頭姿山(たこずしやま)山頂だったようです。 2010/08/03 18:09:48

1~5 /26 次>
廃墟的絶対静寂空間 - Sony NEX用 NIKON マウント変換アダプタ NFG-SαE その3