廃墟的絶対静寂空間

携帯版はこちら   カテゴリー[B級スポット>>]  ▲古い順 (▼新しい順で再表示)

B級スポット>>道頓堀 - 大阪市

[99]NEX-5 試し撮り@道頓堀1

20100803 21:48:16


NEX-5 試し撮り@道頓堀1-1
NEX-5を購入して間もない頃、(2010/6月末ごろ)、法善寺横町ちかくでの会社の飲み会のあと、その辺をうろちょろして試し撮りしてみた。

 づぼらや。
NEX-5 試し撮り@道頓堀1-2
 この辺は、通り過ぎることはあっても改めて写真に撮ったり、店に入ったりはあまりしないが、
改めてみてみると、夜のネオンの試し撮りには面白い被写体かもしれない。

NEX-5 試し撮り@道頓堀1-3
 これらはすべて、NEX-5のHDRモードで撮影したもの。
 それに今回、敢えて一切手を加えず縮小のみしただけでアップしている。


NEX-5 試し撮り@道頓堀1-4
 HDRモードにすると、なぜか保存形式はRAWは選択できずに、JPEGにする必要があるのが、面倒。
 しかし、3枚連写され、1,2秒でHDRが出来上がるので、SONYの画像処理エンジンは優秀であると言えるのだろう。さすがにPS3などを作っているだけはあるということか。

 また、HDRモードの場合、HDR合成の前の写真が1枚保存され、計2枚の写真が保存されることになる。

 これは金龍ラーメン
NEX-5 試し撮り@道頓堀1-5
 ちなみに、上の写真のHDR前の写真が、こちら。
 


NEX-5 試し撮り@道頓堀1-6
 いずれも、まずは自動カラーバランスが優秀なのが分かる。
 ほぼ手を加えなくても、最適なカラーバランスになっている。
NEX-5 試し撮り@道頓堀1-7
 道頓堀のドンキホーテ。
 
NEX-5 試し撮り@道頓堀1-8
 今は引退している、くいだおれ人形。
 ワールドカップのときだったので、サッカー岡田JAPANを応援しています。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

B級スポット>>崖の階段? - 大阪府岬町

[107]岬町の崖にある階段状のもの

20100822 15:36:37


岬町の崖にある階段状のもの-1
http://www.unkar.org/read/anchorage.2ch.net/occult/1250380304

 上記掲示板で、岬町の山肌に謎の階段があるという記事をたまたま見つけた。
 付近の加太、友ヶ島にかけては、砲台など要塞があったので、その一環のものか?
 たまたま古い階段が掘り起こされたのか?
 議論されているが決着らしきものは出ず・・・

 その他散策も含め、行ってみて撮った写真が上記。

 確かに階段に見えるが・・・
岬町の崖にある階段状のもの-2
アップしてみる。
ははは、どう見ても、これはたまたま割れ方がそう見えるだけで・・・
以上。
場所は

大きな地図で見る
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
す。 s2018_10_01_00000291 ip=1.10.186.65

B級スポット>>道頓堀 - 大阪市

[108]NEX-5 試し撮り@道頓堀2

20100822 21:37:32


NEX-5 試し撮り@道頓堀2-1
 最近、経営停止したくいだおれです。

NEX-5 試し撮り@道頓堀2-2
 くいだおれがくれば、忘れられないのがかに道楽。
 実は関西に住みながら、くいだおれ、かに道楽、どちらも入ったことがない。

NEX-5 試し撮り@道頓堀2-3
 そして、ちかくの法善寺横丁の方に入っていく。

NEX-5 試し撮り@道頓堀2-4
 なかにある飲み屋。
NEX-5 試し撮り@道頓堀2-5
 小料理屋。
高そう・・・
NEX-5 試し撮り@道頓堀2-6
 そして反対側まで来てしまった。

NEX-5 試し撮り@道頓堀2-7

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

B級スポット>>道頓堀 - 大阪市

[109]NEX-5 試し撮り@道頓堀3

20100822 22:04:12


NEX-5 試し撮り@道頓堀3-1
 本体付属のHDRモードでは、先にも触れたとおり、JPEGでしか保存できない。
 自前で三枚ほど撮影してHDR化すればいいのだが、CameraRawおよび、LightRoomがNEX-5のRAW形式(ARW)に対応していなかったので、カメラ付属のSONY製の現像ソフトでTIFFなどに変換してからHDR化する必要があり、面倒だった。いや、面倒な手間はいいのだが、むしろ問題は、TIF化してしまうことで、ビット情報が少なくなり、特に黒つぶれしている部分などがRAWから直接HDR化するのに比べ、ノイズが出やすくなるのだ。

 
NEX-5 試し撮り@道頓堀3-2
 NEX-5のRAWの対応をバージョンアップで待っていたのだが、なかなかバージョンアップされない。
 と思っていたら、最近、製品自体のバージョンアップではなく、Adobe LabsでCamera Raw6.2、Lightroom 3.2 がRC版として公開されていてこれでは、NEX-5のRAW形式もサポートされていた。

 早速ダウンロードして使用し、PhotoShopのHDRで作成したのが、今回の写真である。
 
 このRC版では、NEX-5の、18-55のズームレンズのレンズプロファイルも付いているので、歪みのひどいレンズもすっきり修正できる。ただしなぜかf2.8 16mmパンケーキレンズのレンズプロファイルは入っていない。
 今回の撮影はパンケーキのみだったので、レンズプロファイルの適用は行っていない。

NEX-5 試し撮り@道頓堀3-3
 PhotoshopというかAdobe CS5および、LightroomでNEX-5がサポートされ、また、NIKONマウントのアダプタもあるので、いよいよNEX-5で本格的に、撮影開始できるだろう。

 ただし、レンズプロファイルとの関連を考えると、マウントアダプタを介するとレンズ情報が残らないので、レンズプロファイル適用の際は、手動でレンズを選ぶ必要がある。大体見ればわかるといえばわかるのだが、カットごとにどのレンズを使ったのか記憶に頼らねばならないのは、多少痛手ともいえるが、ボディ本体が小さくなるのがメリットである。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

B級スポット>>飛田新地

[158]飛田新地 其の壱

20101031 20:52:29


飛田新地 其の壱-1
 大阪に住んでいる、それも男性にとっては飛田新地の名は一度は聞いたことがあると思う。
 私自身、名前は知っていたものの、口伝えでなんとなくあのあたりだということだけ聞いていた。
 ネットなどで見てみると結構古い町並みが残っており、一度レポートしてみたいと思っていた場所である。

 
飛田新地 其の壱-2
 さて、飛田新地とは全然関係ないが、近くにあり、かつ、今や廃墟物件でもあるフェスティバルゲート。
 いよいよ本格的に取り壊しが決まったようだが、現時点では、まだ残っている。

 飛田新地への行き方を考え、自動車だったので、とりあえず近くのスパワールドに車を停めて、歩いていこうということになったのだ。もちろん、探索の後はスパワールドに入る予定だ。

飛田新地 其の壱-3
 スパワールドを越えて、東に行くと、新世界の有名なジャンジャン横丁の南端に出る。
 ジャンジャン横丁はそこで終わりだが、その南、車道とJRの線路を地下道で越えて南にいくと、動物園前商店街というのに出る。
 この動物園前商店街を南下すると、アーケードが左手にも伸びている地点に出るのだが、この交差点の左前方(南東)のブロック一帯が飛田新地となる。
 前にそのこと知らず、新世界をぶらぶらしたついでにこの商店街も歩いたのだが、後日人に話すと、その近くが飛田新地であることを聞いたりしたものだ。

 今回は動物園前商店街からではなく、東側のマンション街のほうから入る予定で(そちらが正門?なのかと勝手に思っていたが、動物園前商店街からの方が正門?らしい)通りを東の方に行ってから南下することにした。


飛田新地 其の壱-4
 この通り、こちらも一応商店街らしく、動物園前商店街の東側を南に伸びている。
 これを南下する。
飛田新地 其の壱-5
 名もない?商店街を南下し、アーケード付きの商店街が左右に伸びるところに出くわしたので、左(東)に行くと、マンション街に出た。
 そこを少し南下したところの風景(①)
 (丸付き数字は、後の地図の番号に対応しているので場所は確認いただきたい。)
 まだよくはわかっていなかったが右下部分に、期せずしてお店が写ってしまっている。
 このように、ピンク、白で照明の施された入り口に、店主と思われるおばさんと、色っぽい若い女性が座っているのが一般的のようだ。 
 当の本人がその場にいるというのは実に明朗なシステムである。

 正面の時計台、そして、意味ありげなランプを模した照明。これがオトナの世界を意味する何かなのか、全然関係ないのかオトナでない筆者には分かりかねる。

飛田新地 其の壱-6
 階段から少し、下の建物を見てみる。
 綺麗な赤いタイルの壁が印象的である。(②)

飛田新地 其の壱-7
 マンションの高い側の道から、通りを撮影(③)。これが一番町の雰囲気を端的に示していると言えるだろう。
 看板に明かりのついているところかOnAIR状態なのだと思う。
 横からなのでいいのだろうが、通りの中でカメラを使うことはご法度とされている。
おそらくこの辺が限界で写真でこれ以上現場に近づくことは難しそうだ。
 一応この通りからだと、Googleストリートビューでも様子が少し見える。

飛田新地 其の壱-8
 こちらにも時計(②)。さすがオトナの世界である(意味不明)

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
Θ記号士Θ Thank you.
This neighborhood has an impression peculiar also for a Japanese.
2012/07/19 13:19:21
BNDhXNuKB I'm not easily imperssed. . . but that's impressing me! :) 2012/07/19 09:49:24
bBKHxlPjuR I could watch Schindler's List and still be happy after reaidng this. 2012/07/18 05:46:32
NLwswddyfuewzTXGWU What a great rsoeurce this text is. 2012/07/17 13:12:27

1~5 /7 次>
廃墟的絶対静寂空間 - NEX-5 試し撮り@道頓堀1