廃墟的絶対静寂空間

携帯版はこちら   カテゴリー[廃墟>>旧池田隧道 - 犬鳴山 手掘りトンネル ]  ▲古い順 (▼新しい順で再表示)

廃墟>>旧池田隧道 - 犬鳴山 手掘りトンネル

[14]手掘りトンネル 旧池田隧道 その1

20100606 16:18:57


 犬鳴山に手掘りトンネルがるということで探しに出てみることとした。
 他の詳細されているサイトから、まずここから入るのだろうと、あたりを付ける。
 現在ゴミの不法投機の防止のためか、チェーンが張られている。

 ここからは歩きとなる。立て看板にも入るなとは書いていない。

 入ってすぐの分かれ道。
 これは右に。
 標識があるが、今一つ内容はわからない。

 こんな感じの道を進んでいく。
 どんどん進む。

 広い目の道は、この辺で行き止まり。
 左の方をみると、このような細い道があるのでこれを進んでみることに。
 シダの生い茂る道。
 木が倒れていたりして、自転車やバイクでも通行不可能である。

 そして道が少し右に曲がったかと思うと、突如として姿を現した、トンネル
 幻の手掘りトンネルに間違いないようだ。
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
Θ記号士Θ そうですね、うっそうとしていて、日もあまり当た
らず不気味ですよね。
2011/09/11 21:53:55
ぴんくのとら いったことあります。すごくこわかったです 2011/09/10 16:26:22

廃墟>>旧池田隧道 - 犬鳴山 手掘りトンネル

[15]手掘りトンネル 旧池田隧道 その2

20100606 16:26:41


 入口は山からの土砂で少し足元が上がっている様子。

 中に入る。
 
 入口には種類のわからない真っ白なキノコが・・・
 おいしそうだが、食べてはいけないのだろう。
 トンネル内部。 
 結構な距離に見える。

 少し進んだところにある、岩部分。
 煉瓦が崩落したわけでなく、岩盤なので煉瓦施工をしなかったと思われる。

 さらに進むと、何やら黒いものが、肩をかすめる。
 蝙蝠の巣だ。
 蝙蝠をやり過ごし、なんとか出口に。
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

廃墟>>旧池田隧道 - 犬鳴山 手掘りトンネル

[16]手掘りトンネル 旧池田隧道 その3

20100606 16:33:21


 出口の風景。
 右側に無理すれば行けなくもなさそうだが、行く気はない。

 近くに、新の方の池田トンネル入口があるらしく、トラックなどの走る音が間近に聞こえる。
 雑木林に視線を遮られているのがもどかしい。
 トンネル南側
 確かに一部崩落しながらも、池田隧道の文字が・・・
 というわけで、入口まで戻ってくる。

 池田隧道の場所であるが、勝手にGOOGLE MAPを使わせていただくと、この図のようになると思われる。
 赤線の部分がこのトンネルの場所だと思われるが、青矢印の通りもう少し北か南にずれているかもしれない。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
Θ記号士Θ 情報ありがとうございます。場所は大体わかりました。機会があれば行ってみたいと思います。ちょっと勇気いりそうですね^^ 2012/04/05 00:33:23
人形 記号士様、みな様 こんにちは。
和泉市の黒石地区に「七つ池隧道」と言う素掘りのトンネルがあります。
歴史的にかなり古い隧道ですが、いつ崩落してもおかしくない状態で、あまりにも恐ろしくて入坑する勇気がありません・・・。
用水路になっているので、途中に深みもあるかもしれませんね。
2012/04/04 21:56:03

1~3 /3
廃墟的絶対静寂空間 - 手掘りトンネル 旧池田隧道 その1