廃墟的絶対静寂空間

携帯版はこちら   カテゴリー[廃墟>>立川変電所跡 ]  ▲古い順 (▼新しい順で再表示)

廃墟>>立川変電所跡

[364]◆立川変電所跡 其の壱

20120221 01:44:57

大きい写真で表示


◆立川変電所跡 其の壱-1
 東京立川にある変電所跡えある。廃墟と言っても、公園の中に戦争の悲惨さを残すべく管理されたものである。

 2011年の5月の訪問となる。

 北側の体育館にバイクを留めて近づいてみると、こちらは裏側からであった。
 碍子等がモニュメント的に配置されてはいるのだが、これは実に甲乙つけがたく、微妙。

◆立川変電所跡 其の壱-2
 こちらには漁業で使うような網? 何に使ってたんだろうか?

 実はこのころ(GW以降)から東京単身赴任となり、この日は妻が関西からやってきて、新たに買ったバイクでやってきたものだが、こういうと楽しく聞こえるが、このころすでに内心はかなり追い詰められた状態であった記憶がある。四月以降頼りにしていた派遣社員2名が計約解除となり、両手をもがれたような状態、それに慣れない東京単身赴任、加えて多少頼りにしていた課長がトラブルで別の勤務に、結局4人分の仕事が降りかかってきたことになる。刻々と変わる状況で戦々恐々とした日々を送っていた。所属部の損益も良くはなかった。

 なので公開も何となく遅れたのだが。

◆立川変電所跡 其の壱-3
 建物から出ている碍子と電線。

 この頃毎週のように廃墟に出向いて行ったのは、何とかそういう精神状態から抜けだしたかったからだと思うが、残念ながらどこに行っても自分の精神というものは、どこまえも付いてくる。どこかに行って気分転換、それができるうちはいい。ある一戦を超えると気分転換もできずにずっと引きずることになる。



◆立川変電所跡 其の壱-4
 建物側面にまわってきた。

 また、当時立川というのは仕事で顧客のいる場所であったのも関係しているかもしれない。例によって大小問わずトラブルもあった顧客である。


◆立川変電所跡 其の壱-5
 窓から何とか中の構造を見れないかと思って寄ってみた。
 見えてるのは碍子と電線、スイッチ?らしきもの。

◆立川変電所跡 其の壱-6
 正面にまわってくる。街灯と弾痕だらけの壁が、いいマッチングだなあ。
 傷だらけの壁は現在の自分の心を映し出しているようだ。

 でも明るく照らし出す街灯のような存在もあることを信じたい。

◆立川変電所跡 其の壱-7
 斜めからの光景。
 これは緑と花壇に囲まれたファンタジー調(自分なりの呼び方)にしてみた。

 結局のところ、このころすでに限界だったのだと思う。だからと言って色々抱えているものを投げ出すわけにはいかず、責任感、義務感、精神力だけで何とか頑張っていた。自分にとっての仕事とは何なのか分からなくなってきつつあった。出張でも、顧客先に向かう本当に一歩一歩がもうあと一歩だけ歩こう、もうあと一歩歩いたら倒れるかもしれない、そんな息絶え絶えでがんばっていた。また顧客先でそんな態度も見せらず、空元気を
出すことも必要だった。喫煙者なのだが、会社の喫煙所には行かず、近くの浮浪者のいる小さな公園で30分くらいゆっくりたばこを吸い、いやいやながら職場に戻るという日々だった。

 結局8月の盆休み以降、鬱と診断され(鬱の薬はこの頃から飲んでいたのだが)その後関西の自宅に戻り自宅療養となって現在に至っている。
 自宅療養なので廃墟行きたい放題かと言うとそういうわけにもいかない。鬱というのは気力も出ない病気で、頭ではあれこれ考えるがなかなか尻が重くなる。多分従来の仕事の継続は難しいと思う。なのでプロフィールに転職希望中のメッセージを入れた次第。

 この頃撮った、封印された写真も結構あるので徐々に公開していきたいと思う。

 ご心配おかけしましたが、現在は回復傾向にあります。また皆さんの声のおかげで元気づけられ続けて来られたのだと思いますので、感謝です。
 先日深夜番組で「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」を見た。同じIT関係なので他人の気がせず最後まで見てしまった。
会社自体はブラックではないと思うが対外対応が複数あって一人ではとても回らない。一つの案件で十分な時間が取れればそうでもないのだが、なかなか取れないので、不手際やミスが増え、それゆえクレームも増えてさらに仕事が増してしまうという悪循環。
根本的には少ない予算で利益を得るため一人当たりの仕事量が増えざるをえない状況にあり、それゆえIT系のうつ病患者も多いのだろう。
国会で「GKB47」等ふざけた事を言ってるようだが、そんな対処療法より根本の経済が何とかならない限り厳しい労働環境は改善されず、ひいては自殺者も減らないと思う。
今日は暗い話で済みませんでした。実はΘ記号士Θもそんな側面を抱えているのです。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
76 このブログのおかげで、白石鉱山の白い部屋に今日行けました!ありがとうございます!マップたすかりました! 2012/04/19 03:21:54
Θ記号士Θ ありがとうございます。
職探しも、更新の方もがんばりますのでご期待く
ださい。そのうち合同探索もいいかもしれないで
すね。
2012/02/27 01:33:17
ガイア 趣味も仕事も頑張ってください!
応援しています^^
2012/02/25 22:17:16

廃墟>>立川変電所跡

[368]◆立川変電所跡 其の弐

20120327 01:50:04


◆立川変電所跡 其の弐-1
裏側から正面の方にまわってきたとおころ。
 周辺は花壇として花々が植えられている。
花と被弾した変電所。花が余計に建物の痛々しさを強調する。

◆立川変電所跡 其の弐-2
手前に置いてあった飛行機(セスナ?)のエンジン部分。当時の軍用機のものとは明らかに違うので、イメージ作りのため後に設置されたものと思われる。

◆立川変電所跡 其の弐-3
 当時の施設の説明です。詳しくは、「大きい写真で表示」にしてみてください。
自分も後で読もうと思ってこういう看板も撮影するのですが、撮影だけしてロクに読んだりはしません。

◆立川変電所跡 其の弐-4
 いやあ、機銃攻撃の跡が痛々しいですね。
 でも、親の話でも戦闘機が人に向かって機銃照射してきたという話を聞きましたが後日、空爆があったようです。多分、空爆前に民間人を遠ざけるために、わざと照準を合わせず威嚇射撃したんだと思います。
 上層部は徹底的にたたけという指示だったのかもしれませんが中間管理職が? 軽く機銃照射して民間人を逃げさせろ、みたいな配慮はあったんでしょうね。自分も戦争とはいえ不用意に民間人を殺したくはないですから。

◆立川変電所跡 其の弐-5
これだけ打たれたのなら窓ガラスも割れていたはず。そこは後に入れ替えられたものなのか? あるいは操縦者が神業的射撃で窓ガラスだけは狙わなかったのか? 航空機の固定された照準では、窓だけ避けるなんでほとんど不可能です。

◆立川変電所跡 其の弐-6
 今度は左サイド。広島の原爆ドームとかもありますがこういった弾痕の方がリアルですね。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

1~2 /2
廃墟的絶対静寂空間 - ◆立川変電所跡 其の壱