廃墟的絶対静寂空間

携帯版はこちら   カテゴリー[廃墟>>ガラテ ]  ▲古い順 (▼新しい順で再表示)

廃墟>>ガラテ

[342]ガラテ(大阪)

20111016 12:12:21

大きい写真で表示


ガラテ(大阪)-1
 大阪南港あたりに、ガラテという、万博のとき、海底住居として展示されていたものが放置されているということで、訪れてみた。
 最初はなぜか、南港北側の「時の時空間」近くになるものと思い込んでおり、実際行くと、最近道路が新設されており、一旦引き上げてきた。
 改めて場所を探すと、南西側の、海釣り公園内にあると分かり再度訪問したもの。

 また撤去されていないかと思ったが、しっかり残っていた。

 海釣り公園自体は、閉鎖されているようにも見えるが、細々と経営しているようでつり客が出入りしている。あたりの人は慣れているのだろう、何の興味も示さずにつりに没頭している。

ガラテ(大阪)-2
 一応立ち入り禁止の柵があるのが残念だが、足元を見てみると、恐らく酸素ボンベなのだろう。
 よく見るとガラテの名称と、5~8の番号が振られている。
 反対側が1~4なのだろう。この酸素ボンベで生活したものと思われる。

ガラテ(大阪)-3
 陸側の下部には出入り口らしい部分がある。
 海底での生活中にここから出入りできたのか、海上で密閉してから乗り込んで海底に設置し、海底での出入りは行わなかったのかはわからないが、普通考えると、海底で出入りしようとすると、二重ハッチが必要となり、この空間では二重ハッチの容積が取れないはずなので、密閉されていたのかもしれない。
 あるいは扉はなくて、気圧で海水の進入を防いでいたのかもしれないが、深度にもよるがその際は内部気圧がかなり高くないといけないはずで、一週間という滞在が出来たかどうか疑問が残る。
 扉があるかどうかだけでも確かめられればいいのだが、柵が邪魔でこれ以上は見えない。

ガラテ(大阪)-4
 いつもながら、活動時間が遅いのですでに日は傾き始めている。

ガラテ(大阪)-5
 サイドの様子。特徴的な花びらのようなパイプ。この意味もいま一つ分からない。引き上げようのフックとも思われるが、それならここまで広く取る必要はなく、力学的には、横よりも上につけたほうが合理的である。デザイン上のものかもしれない。

ガラテ(大阪)-6
 防波堤に登って正面から。内部の様子が少し伺える。
 こうしてみるとやはり宇宙船のようにも見える。

ガラテ(大阪)-7
 正面から内部の様子を見えやすく調整したもの。何となく椅子状のものが見える。

ガラテ(大阪)-8
 つり公園の全景。ポツリと置かれたガラテ。
 
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
kisa1 すごい……どれぐらいの大きさなんだろう。
でも、僕は海底で3日も生活できないな(精神的な方で)

2013/09/13 23:45:08
船を愛する 今最先端を走っているフランスのシーオービター(韓国万国博覧会に出展)の製作設計者の作品です。神戸に返してやればいいのに。行政トップの対立でそうもいかないのだろう。元は私企業ミナミインターナショナルの所有だったから、経緯はわからない。神戸にやったら~引き取らないかな~ 2013/06/01 09:51:21
XvxxoHwwMrpiUu TYVM you've solved all my probmles 2012/07/17 20:23:47
経験値88 ドリームランドとか期待してます!
あそこは規模がすごっかったですから!
2011/10/18 12:32:51
Θ記号士Θ はい!
ネタはまだまだあるんですが、更新がね・・・
ちょっと元気なくしていまして・・・
2011/10/17 01:04:40
経験値88 更新ありがとうございます。
これからも、拝見させていただきます。
2011/10/16 21:20:43

1~1 /1
廃墟的絶対静寂空間 - ガラテ(大阪)