廃墟的絶対静寂空間

  カテゴリー[廃墟>>葵城 ]  ▲古い順 (▼新しい順で再表示)

廃墟>>葵城

[178]◆葵城 その1 

20101121 18:04:52

大きい写真で表示


◆葵城 その1 -1
 なぜそのような名前になったのか、その由来すらまったく分からない、おそらくは喫茶店であったのだろう「葵城」
 となりのカーニバルワーフとともに、廃墟となっている。
 敷地はほとんど隣り合わせになっているため、カーニバルワーフには入れればおのずと葵城にも入れることになる。

 ワンルームマンションを積み上げたような広告塔が素敵であるが、この中が個室になっていたのであれば一度はあの中に入って景色を眺めながらコーヒーを飲んでみたかったものである。

◆葵城 その1 -2
 葵城の中。
 喫茶店だったので(勝手に決めつけ)、部屋割りなどはそれほど複雑ではない。
 カーニバルワーフの敷地からは、正面カウンターの向こうに見えるドアから入ることができるし、カウンター正面(写真右部分)の正面玄関も開かれたままとなっている。

 
◆葵城 その1 -3
 窓からの木漏れ日。
 というか顔を出すと、自動車がバンバン走る国道に直面するので絶えず背をかがめている必要がある。
 ただし逆に言うと、外の車からわざわざこの建物の薄暗い中に興味を持ってみている人などほとんどいないのではあるが。

◆葵城 その1 -4
 カーテンははがれ、壁板もはがれて鉄骨、外壁のトタン?が見えている。
 思ったより建築費はかかっていなかったような感じをうけた。

◆葵城 その1 -5
 壁面側。テーブルなどは取り去られている。
 多分この壁の装飾にあわせて2テーブル並んでいたのだろう。

 (続く)

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
DTtbnZBFCxQfq Geez, that\"s ubnelievable. Kudos and such. 2013/05/27 13:29:06
339 10年前にここに入ったことがありますがその時はテーブルとかメニューとかピアノとか有ったんですが今は何もないんですね 2013/03/11 22:08:08

廃墟>>葵城

[180]◆葵城 その2

20101123 22:50:49

大きい写真で表示


◆葵城 その2-1
 少し奥の方を見ると、外につながっている通路が見える。
 ここから外に出ると、近所の注目の的となるので控えておく。

 そしてこの左手の壁の向こう側には・・・
◆葵城 その2-2
 もう一つ広々とした部屋があった。
 がらんとして何も残っていない。ここも窓ガラスが全面的に割られているので、周辺の住宅からはよく見える状態にあり、かがんだ状態でいないといけない。

◆葵城 その2-3
 さて、魅惑の二階より上の個室的な部分であるが、どこを探しても上れそうな階段は見つからなかった。
 調度一枚目の写真の二つの円形の切れ込みの中央、ハシゴ状の鉄骨が見えている部分の裏あたりから見上げた状態。

 なんと! 2回以上の部分は中には何もなかった。鉄骨の補強のための渡しが張られているだけだ。そして鳩の巣になっていた。

 この部分は実際に使われていたわけではなく、ただの装飾だったのだ。単なる装飾だけだったとするなら、それはそれですごいことである。なんだか夢を与えてくれたこの個室部分。

 お金があるなら買い取って本当に個室として改装したいものである。上るのは一人用のエレベーター?


 
◆葵城 その2-4
 そして入ってきた横の駐車場エリアから再度振り返って全容を確かめてみる。
 すでに日は傾き始め、本来なら、葵城も、岬カーニバルワーフも看板にネオンのともっていた頃であろう。

 今年宇宙戦艦ヤマトが映画化されるが、沈没した大和を見た目はそのままに、中身を最新鋭にしてよみがえるように、この葵城も2階以上の部分も内装を完備し、カーニバルワーフと共によみがえるのだろうか? いや蘇らないよな・・・


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
Θ記号士Θ 隣の葵城は勇気さえ荒ればあ入れますが、こちらは、一応閉鎖されているので入るのは苦労するかもしれません。検討お祈りします。 2013/05/15 21:25:54
久美子 こんばんは。今日和歌山に向かう途中に、錆だらけの看板が目に入り、よく見ると「カーニバルワーフ」でした。ものすごい存在感に圧倒されてしまいましたね。通りがかりだったので、写真にさえ撮れなかったのですが、内部の状況がよくわかり、とても嬉しかったです。
今度は写真に収めに行くつもりです。
2013/05/05 20:45:34

1~2 /2
廃墟的絶対静寂空間 - ◆葵城 その1