廃墟的絶対静寂空間

携帯版はこちら   カテゴリー[廃墟>>白石鉱山 ]  ▲古い順 (▼新しい順で再表示)

廃墟>>白石鉱山

[148]白石鉱山-白亜の迷宮 その一

20101017 14:59:18

大きい写真で表示


-1
 飯盛鉱山で鉱山づいて?しまい、いろいろ探してみたら、あの白一色の部屋のある鉱山が、関ヶ原近くになることを知り行ってみた。

-2
 探索の前に、今回探索で回った経路を大まかに番号で示してみる。(写真はGOOGLE MAPのパクリです。)
 以降、この番号で場所を示すことがると思うので、ご参照いただきたい。

 その前に、場所だが、GOOGLE MAP上では下記になる。
http://maps.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&q=&hq=&hnear=&ll=35.207697
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
日本最大級のブランド時計・バッグ・財布N級品専門店 高級美品スーパーコピーブランド★2018年ルイヴィトン コピー高級美品が大量入荷超人気!!!★
秀逸な素材と抜群な作工は完璧に融合します。
今回は定番人気のルイヴィトン コピーのブランド品の2018最新型を紹介しましょう。
当社は2018逸品が満載している好評度業界No.1ルイヴィトン コピー激安通販店です。
大好評だけでなく、正規品と同じ品質の商品は激安価格で通販中!ご光臨を待ちしております。 
スーパーコピーブランド,ブランド偽物,ブランドコピー,ブランドスーパーコピー
※ご注文の方は、ご連絡下さい。
期待!! ※以上 宜しくお願い致します。
2018/09/10 10:41:23
OOOВалок_Арсений НПП «Валок» (Липецк), предлагает услуги по:
Восстановлению и изготовление стальных деталей с использованием электродуговой и плазменной наплавки:
дисковые ножи холодной резки металла;
индукционная закалка;
токарная обработка
и многое другое.
2018/02/16 01:56:22

廃墟>>白石鉱山

[150]白石鉱山-白亜の迷宮 その二

20101019 23:19:00

大きい写真で表示


白石鉱山-白亜の迷宮 その二-1
 水汲み場から、更に奥に入る。
 実は地図で確認したときは、この右側の谷川が見えておらず、そんなものがあるとは思っていなかったのだ。
 これを越えるための橋か何かがないことには工場施設内に入ることはできない。
 どうしたものかと思いながらとりあえず、道を奥のほうに歩いていく。

 写真は、地図の③の部分に近づいたところで工場側を見たもの。
 構造物の重なりが探索心を刺激する。
 右側の草むらに見えるところ、後で分かるのだが、ここに小さな谷川があり、工場の中を南北に流れ、西から東に流れるている手前の大き目の谷川に流れ込んでいる。このため、工場内は何本かこの谷川を渡るための橋が架かっている。

白石鉱山-白亜の迷宮 その二-2
 道の左側にあった、コンクリートの構造物。何かを蓄えるためのものか。
 工場施設からは谷川、道を挟んだ反対側となるが、明らかに工場施設であったのだろう。

白石鉱山-白亜の迷宮 その二-3
 さて、どこから入ったものかと、徐々に奥のほうに歩き進む。
 工場の大きなサイロのある高い部分に徐々に近づく。

 写真は、山の上の採鉱部分も視野に入れたもの。
 
 奥(写真左下部)に青い階段が見える。もしやあの階段から、工場への入り口に通じているかも・・・と期待。
白石鉱山-白亜の迷宮 その二-4
 ビンゴ! 青い階段の先に、人一人が通れる金属製の橋と、工場の裏口らしき入り口が・・・

 がしかし、喜ぶのは早い。入り口はしっかりと扉が施錠されているではないか。

白石鉱山-白亜の迷宮 その二-5
 そこはあまりあわてることはなく、あちこち崩壊しているので何なりと入れるところはあるはずと高をくくる。正面は牢屋状の扉、右側へは封鎖されているが、左側へは谷川沿いの通路があり進むことができる。
 そこに放置されていたパイプとバルブ。
 バルブがはじけたとはこのこと。

白石鉱山-白亜の迷宮 その二-6
 左に行くと正面の建物が崩壊しており、壁を乗り越えらくらく潜入。
 入った部屋はこんな感じ。
 何やらクルクル回っていたものがあったようだ。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

廃墟>>白石鉱山

[151]白石鉱山-白亜の迷宮 その三

20101022 21:28:42

大きい写真で表示


白石鉱山-白亜の迷宮 その三-1
 最初の建物、ここは地図の④部分になうが、正面(北)部分を撮ってみる。

 パイプ類が並んでおり、エイリアンが這い出してきそうである。
白石鉱山-白亜の迷宮 その三-2
 通路よりの、何やら黒、黄色で塗られた重要そうな機械。

 「だ、だめです!このままでは臨界に達してしまいます!」
 「まずい、メイン回路をシャットダウンするんだ」
 「メイン回路 シャットダウンします!・・・
  だめです。じょ、上昇が止まりません!」
 「な、何! も、もしかして暴走か!?」
 
 などというシーンで使われたのであろう。多分そんなシーンはなかったんだろうと思うが・・・
 
白石鉱山-白亜の迷宮 その三-3
 扇風機状のワッカを回すクランクと思われる部分。

白石鉱山-白亜の迷宮 その三-4
 反対の南側には、恐らく事務用であったのだろう、小部屋がある。
 黄色い看板、略字で何を点検しろと書いてたのか?
 とにかく、1日と15日はいやな日だったんだろうな。

白石鉱山-白亜の迷宮 その三-5
 机の上の、帳簿と、ボルトとナット。
 工場ならではの組み合わせである。
 紙は硬く固形化していた。

白石鉱山-白亜の迷宮 その三-6
 クランクの部分。要は蒸気機関車の車輪が回る原理。
 水がたまっていて、錆びているのだろう。

白石鉱山-白亜の迷宮 その三-7
 「三番パイプ、もっと圧力を下げろ!
  すべての圧力の均衡をとるんだ」
 「だめだ!一番を触っちゃいかん!」

 などという会話が行われたかどうだかは、定かではない。
 多分行われなかったんだろうな。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

廃墟>>白石鉱山

[153]白石鉱山-白亜の迷宮 その四

20101024 13:47:20

大きい写真で表示


白石鉱山-白亜の迷宮 その四-1
 何やら目的は分からないが、ものすごく酷使されていた感のあるハッチ。
 メンテナンス、点検用か、非常時の排水用か?
 石炭を入れて燃やしていたわけではなそうだが。


白石鉱山-白亜の迷宮 その四-2
 モーターの上に残されたモンキースパナ。
 今までモンキーの意味をあまり考えずに使ってきた言葉だが、
どの大きさにもマッチさせることができるので、いわゆる「サルでもできる」とでもいうようなイメージなんだろうと今となっては思うが、確証はない。

 さて、ここへは奥方と来たのだが、なぜか奥方は私がこの建物に入った方向とは逆の、本来の入り口側から何食わぬ顔をして入ってきた。

 あれ。そっちは、あの牢屋状の鉄の扉があり、しっかり施錠もされていたはずである。
 どうやって入ってきたのだろう。(いや、気になるならすぐに聞けよ)

 と不思議に思っていたのだが、それは出るときに明らかになるのでお楽しみに・・・

白石鉱山-白亜の迷宮 その四-3
 本来の出入り口から表に出て、階段状の通路らしきところに出る。
 ここはすでに、牢屋状の鉄の扉(いやこういう形状のものを何と呼ぶんだっけ?)の内側には来ているわけだが、その先に更に障害が・・・
 ブロックで閉鎖されているのだ。


白石鉱山-白亜の迷宮 その四-4
 無理すれば乗り越えられなくもないが、探索はこれからだし、無駄な労力は省くべきである。
 一旦施設内に戻り、冷静に見回してみる。
 たいてい先人が残してくれたルートがあるはずだ。

 それがこれ。
 残念ながら鉄の階段は完全に崩壊しており、おまけに、黄色い手すりも、錆びてぐらぐらして大変心もとないのだが、何とかそこを登ると、箱が置いてあり、そこの窓から出られそうだ。

白石鉱山-白亜の迷宮 その四-5
 無事、脱出成功。正確には潜入成功。
その上の部分からの眺め。
 右の方は崩壊しているが、このように、木の柱の林立する木造なのだから仕方がない。


白石鉱山-白亜の迷宮 その四-6
 上の通路に出る。ここまでくれば、もう障害はないだろう。
 足元はコンクリートでしっかりしており、運搬用トロッコのレースが敷かれていて、いかにの鉱山施設っぽい感じがワクワクさせる。。
白石鉱山-白亜の迷宮 その四-7
 山側は、木造の構造物の崩壊跡となっており、その先は草むらになっている。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
記号士 ありがとうございます。色々勉強になりました! 2012/08/24 23:56:21
住之江航太郎 略字は「瓦斯道点検日」ですね。水道と同じくガス配管の事と思われます。
モンキーレンチは猿の様に天井付近で配管修理していた工員が1丁で済むように使い始めてこの名がついたとか。
2012/08/21 17:07:45

廃墟>>白石鉱山

[156]◆白石鉱山-白亜の迷宮 その伍

20101028 20:41:46

大きい写真で表示


◆白石鉱山-白亜の迷宮 その伍-1
 そして外に出て目に入ってくるのがこのプール。
 こちらはガランとしている。
 左手柱に鉄のハシゴが付いているのに注目。
 降りても見えるものは変わらないので、上から眺めただけなのだが、降りたら降りたところからのアングルがあったはずなのだ。
 まだまだ探究心が少ないといえる。



◆白石鉱山-白亜の迷宮 その伍-2
 プール周辺の通路。人一人が通れる幅。
 こういうメンテナンス用通路的なところはとても好きなのだ。
 しかし、プールサイドは走ってはいけません。

◆白石鉱山-白亜の迷宮 その伍-3
 通路を縦に見たところ。
 
◆白石鉱山-白亜の迷宮 その伍-4
 壁際の高いところから、低いところへの連絡用通路。
少し迷路めいた構成が面白い。


◆白石鉱山-白亜の迷宮 その伍-5
 下段の二つのプール。(勝手にプールと呼んでますが貯水槽ですよ。)
 両方とも水はない。
 もしいっぱいにたまっていたら、溺れるのに十分な水量であることはいうまでもない。

◆白石鉱山-白亜の迷宮 その伍-6
 エリア一帯を広角8mmで撮ったもの。
 パノラマビューである。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
Θ記号士Θ そうでしたか。2,3年でけっこうすすむんですねえ。朽ちる前にもう一度行きたいです。 2012/05/13 00:42:29
ヨシクン 行ってきました、この写真よりだいぶ腐食が進んでいましいたよ~ 2012/05/09 08:49:29

1~5 /27 次>
廃墟的絶対静寂空間 - 白石鉱山-白亜の迷宮 その一