廃墟的絶対静寂空間

携帯版はこちら   カテゴリー[廃墟>>和歌浦 ]  ▲古い順 (▼新しい順で再表示)

廃墟>>和歌浦

[97]和歌浦探索 其の壱

20100801 13:47:24


和歌浦探索 其の壱-1
 和歌浦は、宇宙回転温泉、スシヨシなど有名な廃墟のあったところだが、それらも取り壊された2010年現在どうなっているのか、下見をかねて一回りしてみることとした。


和歌浦探索 其の壱-2
 直接和歌浦には関係ないが、近くの南海線の和歌山港から水軒の間の廃線後も見てみることに。

和歌浦探索 其の壱-3
 花王の工場裏を走っていた。

和歌浦探索 其の壱-4
 専門的にはわからないが線路の標識の錆びれ具体がよい。



和歌浦探索 其の壱-5
 まずは和歌浦よりも西の雑賀崎(さいかざき と言います。)の方から、雑賀崎灯台を目指す。
 途中にあった店。完全に閉鎖状態。
和歌浦探索 其の壱-6
 少し行くと見える双子島荘というところ。これはしっかり経営中である。

和歌浦探索 其の壱-7
 岬が芝生になっていて、バーベーキューなどにうってつけ。
 双子島の命名は向かいの二つの島からか?

和歌浦探索 其の壱-8
 その手前にある「七洋園」
 経営はしていないようだが、私が行ったときは自動車が止まり、中に関係者が歩いていたので、片付け中なのか、メンテナンスなのか、とりあえず復活を期待した。
 ちなみに右奥は、「太公望」でこちらは経営中だと思われる。

 *その後ネットで調べたところ七洋園は経営中のようであることが分かった。見た目が古びているのと、建物内が経営中にしては設備などが閑散としていること、入口の水槽が空になっていることなどで休業中かと思ったのだが・・・
 それでも経営中というのはそれ相応の経営中であるのだろう。ネットでも食事つきのプランはないので素泊まりのみだと思われる。
 考えようによっては、限りなく廃墟に近い建物散策と、宿泊ができて、一粒で二度おいしいとも言えるかもしれない。一応Yahooビジネストラベルなどの口コミを読まれてから、覚悟して予約していただきたい。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

廃墟>>和歌浦

[98]和歌浦探索 其の弐

20100803 11:04:59


和歌浦探索 其の弐-1
 雑賀崎灯台に到着。
 この左手に、駐車場として結構広い場所があるのだが、かつてここには、大きな展望台があった。
 ガラス張りの円筒の建物で、二階建てか三階建てで、確か床がゆっくりと回転していたと思う。
 回転の中央部が売店になっていた。

 訪れたのが幼少の頃なので、ここだったかどうかも定かではないが、この回転する床が気に入っていたのだが。
 おそらくこの辺の旅館街も花盛りだった頃だろう。

和歌浦探索 其の弐-2
 海の方を見ると帆船が。
 拡大してみて、日本丸だと確認できる。


和歌浦探索 其の弐-3
 灯台の展望台から眺めて、目立つのがこの旅館。
 すべて窓は閉められていて、休業中のように見える。

和歌浦探索 其の弐-4
 北側に見える七洋園
和歌浦探索 其の弐-5
 灯台から戻る際見つけた建物。
 保養所のようですが、玄関ガラスは割れ、原付置き場に・・・
 
和歌浦探索 其の弐-6
 窓も閉め切られ、建物全体がツタの葉で覆われている。

 ちなみに玄関に合った看板の会社自体は現在も存在する模様。

和歌浦探索 其の弐-7
 山の上側からもいけるのですが、いったん和歌山側まで戻り、雑賀崎隧道(トンネル)を通り雑賀崎の漁港の方に入る。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
Θ記号士Θ 調べてみると、回転展望台はここではなく、ここからもよく見えた隣の章魚頭姿山(たこずしやま)山頂だったようです。 2010/08/03 18:09:48

廃墟>>和歌浦

[103]和歌浦探索 其の参 雑賀崎漁港

20100815 01:19:03


和歌浦探索 其の参 雑賀崎漁港-1
 トンネルを越えると雑賀崎の漁港の方に出る。
 ここで目立つのがこの建物。
 旅館だったのか、アパートだったのか、わからないが、窓が木で塞がれ、非常に廃墟っぽい。

和歌浦探索 其の参 雑賀崎漁港-2
 このような建物もあった。
 人が住んでいるかどうかは不明。
和歌浦探索 其の参 雑賀崎漁港-3
 港の奥のほうにあった廃墟。
 一階はラーメン屋だったのか。

 二階以上は窓もないが、工事半ばで終わったのか、廃墟になって取り除かれたのかは不明。

和歌浦探索 其の参 雑賀崎漁港-4
 横から見ても廃墟。
 あまり潜入してみる気にもならないが・・・


和歌浦探索 其の参 雑賀崎漁港-5
 さて、雑賀崎の漁港エリアから道を登って灯台から見えていた旅館の前に来た。
 恐らくは、この左隣の丘の上に有名な「宇宙回転温泉」があったのだと思う。
 そこは今は草の原となっている。

 そしてこの旅館は、「魚又楼」(うおまたろう)というらしい。

和歌浦探索 其の参 雑賀崎漁港-6
 魚又楼入り口のパネル。
 どう見ても営業しているようには見えない。


和歌浦探索 其の参 雑賀崎漁港-7
 隣のみやげ物屋風建物も閉め切っている。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

廃墟>>和歌浦

[110]和歌浦探索 其の四 遊歩道

20100823 01:05:53


和歌浦探索 其の四 遊歩道-1
 先ほどの雑賀崎漁港の隣、田野浦漁港の方から、和歌浦の海岸の遊歩道に入れる。

 
和歌浦探索 其の四 遊歩道-2
 遊歩道に入ってさっそく現れるこのホテル。
 ここも現在経営はしていないようだ。

和歌浦探索 其の四 遊歩道-3
 海に面した露天風呂が寒々しい。
和歌浦探索 其の四 遊歩道-4
 もうひとつ奥の方の露天風呂。
 露天風呂と言いながら屋根がある。その屋根に露天風呂と書いてあるこの矛盾。

 この露天風呂の脇から、細い道があり、ホテルの上の方まで続いていそうだったので登ってみた。

和歌浦探索 其の四 遊歩道-5
 そうすると右側にあった民家風の建物。
 だれも住んでいるようには見えない。

 廃墟といっても旅館などと違ってプライバシーなどもあり、民家風はあまり入る気がしない。

和歌浦探索 其の四 遊歩道-6
 上まで登ってみると、現在は使われていない広い駐車スペースがあり、ホテルの入口が現れる。
 テキストに書いてしまうと検索に引っかかるのでためらわれるが、「新和歌浦観光ホテル」の文字が。
和歌浦探索 其の四 遊歩道-7
 駐車場から見下ろすと、何度も建て増した跡が見て取れる。
 一番下の椅子の見えている部分はおそらくはプールもありそうだ。

和歌浦探索 其の四 遊歩道-8
 道を下る際に、隙間から覗き見れた露天風呂の中の様子。
 一応綺麗には保たれていそうではある。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:

廃墟>>和歌浦

[111]和歌浦探索 其の伍 遊歩道の続き

20100823 23:39:42


和歌浦探索 其の伍 遊歩道の続き-1
 露天風呂を覗き見るという、言葉だけ捉えれば非常に贅沢なことをした後、元の遊歩道に戻り、少し進むと陸側にあったトタンの建物。
 海の家とか何とか、そんな感じのものであったのだろう。
 どうもこういうトタンの錆びたのを見ると無性に郷愁が沸くのはなぜだろう。



和歌浦探索 其の伍 遊歩道の続き-2
 そしてその先にあった夢の鐘というらしいオブジェ。
 前に来るまでは、この遊歩道が煉瓦で整備されていたのだが、あちこち崩れまくっているので、その破片の一つだとばかり思っていた。
 これを鳴らす人とかもいるんだろうなあ。いや、いないな。

  

和歌浦探索 其の伍 遊歩道の続き-3
 休眠ホテルと夢の鐘
 あまり似合わない。

和歌浦探索 其の伍 遊歩道の続き-4
 先ほどの、整備に使用された煉瓦。
 一応土砂などから守っているはずなのだが・・・いかにも心もとない。

和歌浦探索 其の伍 遊歩道の続き-5
 しばらく進むと、砂浜になり、バーベキューなどしている若者たちの前を通る。
 どちらかというと、そちら側に入りたかった。
 その前にある岩場がこんな形をしている。

 白浜の円月島ほどでもないが、面白いといえば面白い。ただし廃墟とはどうころんでも関係ない。

和歌浦探索 其の伍 遊歩道の続き-6
 そして見えてきた、大型廃墟。
和歌浦探索 其の伍 遊歩道の続き-7
 見上げる。
 五つの穴から何やら廃液が・・・

 中国などによくありそうな眺めである。

和歌浦探索 其の伍 遊歩道の続き-8
 とりあえず通り越して、灯台の方に行く。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
フュージョン 夢の鐘鳴らしてきましたw 2015/02/15 13:47:35
pak 間違えました!灯台です(*´ω`*) 2014/06/09 16:11:01
pak はじめまして!この展望台のところの住所教えて頂けないでしょうか?行ってみたくなりました(*´ω`*) 2014/06/09 16:10:16
Θ記号士Θ 和歌浦行かれましたか。
ここは多分30年くらい前、復帰を目指して行政?が遊歩道を整備したと思いますが、多分効果なく終わったんでしょうね。というかその煉瓦による整備の後が、今となってはより廃墟感をあおっていますね^^
夢の鐘も、あのトタンの建物の横では、ムードと言うものが・・・(笑)
2010/10/11 21:21:05
人形 本日、この遊歩道って言うか廃墟道を満喫して参りました。ついでに「夢の鐘」鳴らしてみました!(笑)
想像していたものと全く違い、すげーいい音が鳴ったのでびっくりしてしまいました!!!
とりあえず、ご報告まで。
2010/10/10 21:21:42

1~5 /12 次>
廃墟的絶対静寂空間 - 和歌浦探索 其の壱