廃墟的絶対静寂空間

携帯版はこちら   記事番号指定[0317]  ▼新しい順 (▲古い順で再表示)

廃墟>>ホテル ラ・レインボー 岡山

[317]ホテル ラ・レインボー 其の弐 塔へ

20110724 21:12:09

大きい写真で表示


ホテル ラ・レインボー 其の弐 塔へ-1
一階エリアの片隅には、ペイントの材料が置かれていた。
現在もなおウォールペイントは拡大中なのだろう。

ホテル ラ・レインボー 其の弐 塔へ-2
そして建物裏側にまわってきた。
裏側も壁は落書きだらけ。


ホテル ラ・レインボー 其の弐 塔へ-3
 離れの建物には、だるまの絵も。

ホテル ラ・レインボー 其の弐 塔へ-4
 裏側にこっそりあった配電盤。
当然すべて線は切られているはずである。

ホテル ラ・レインボー 其の弐 塔へ-5
 そして一階のロビーであったろう場所に戻ってくる。
 壊されたエスカレーターがいい味をかもし出している。
廃墟の中でも、エスカレーターがあるのは珍しいのではないだろうか。

ホテル ラ・レインボー 其の弐 塔へ-6
 そして気になるタワーの方に近づいてみる。
中央の柱から放射状に柱が延びて、周囲のドーナッツ状のパーツにつながっていることが分かる。
 これは、実は、周辺のドーナッツ状のエリアが観覧席になっており、周りの建屋とは分離しているのだ。それで、中央柱に見えるワイヤーで、中央の柱基部が持ち上げられ、それにともなって周辺の観覧席も上昇するという仕組みのようなのだ。
 こういう仕組みのものを今まで見たことがないので何と呼べば良いのか分からないが、上昇式観覧車、とも言うべき機構になっていたわけである。また、周辺の観覧席部分は、不公平にならないよう、回転もしたのであろうと想像される。

 左上に柱根元に通じる通路が見えるので近づいてみることにする。

ホテル ラ・レインボー 其の弐 塔へ-7
 先ほどの通路に上って見た。
 なんとなく強度が気になるが、渡れるはずだ。と自分を言い聞かす。

ホテル ラ・レインボー 其の弐 塔へ-8
 周辺はこんな感じで、周りのドーナッツ状エリアにつながっている。
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ廃墟ランギング参加中 他の廃墟ブロクも見れます。
見られた方は、お気軽にコメントくださいね^^。コメントがこのサイト維持の原動力になります。
name: comment:
name comment date
このレベルなら落書きじゃなくてグラフィティ
ブロックアートと並ぶ代表的なグラフィティ物件
2018/06/24 01:30:22
分かってないな、この方がええんやで 2016/11/19 22:10:40
nagisaё 落書きざんねん;; 2013/03/06 19:28:41
Θ記号士Θ こういうのを見ると、サンダーバード5号を思い
出してしまいます。ジェネレーションギャップで
すね^^
2011/07/28 00:39:57
れざのふ 落書きがおおくて残念ですね><それにしても不思議な建物です^^ 2011/07/25 22:43:35

1~1 /1
廃墟的絶対静寂空間 - ホテル ラ・レインボー 其の弐 塔へ